米国債10年利回り上昇で株価暴落!

オレンジ米国株投資

ホテル隔離生活もあと1日。明日チェックアウト予定です。快適さはあまりありませんでした。前回よりもお弁当の質は低下しているし、デザート支給(15:00位)は廃止されていました。お弁当は日本人にとって当たり外れがあるので、外れた時はキツイですね。日本から大量に持って行ったお菓子類は全て食べてしまいました。部屋に閉じこもっていなくてはならないストレスもあるので仕方ないですね。Tです。


スポンサーリンク

久しぶりの暴落

昨晩は久しぶりにめちゃくちゃ下がりましたね。ざっと調べたらMyPFが2%オーバー下落したのは5/12の-2.28%以来ですね。2%オーバーの含み損はキツイですね。月給が1日で吹き飛びました。


昨日はツイッターは結構静かだった気がしますが、動いている人もいましたね。売買手数料が勿体ないなーと思いながらも、、、


あれだけ米国債10年利回りがどんどんどーんと上昇してしまうと株価的には完全に逆風ですね。実際の政策金利を0(~0.25%)から上げる時期は2023年くらいになりそうですが、その時もガツンと下げそうで怖いですね。


それでも、私のような初心者でインデックスETFメインの人はこのままガチホ対応がベストです。慌てて売り買いしなければならないような銘柄を持っていないことが論点だと思っています。


日々の上げ下げで、QQQ・VGTや高配当ETF(SPYD・VYM・HDV)をVTIにシフトしたい気持ちが出てきますが、売買手数料や税金20.315%、及びFIRE含めた投資戦略を考慮すると、S&P500より多少パフォーマンスが落ちてもこのまま維持しようと思っています。(イマノトコロ)


じっちゃまは9月後半は厳しい展開を予想していたし、10月も引き続き厳しい。ある意味、去年と同じような展開です。これまでは高値更新を繰り返してきたので、グダグダ相場に慣れないといけないと思っています。


これからの相場ですが、私には全く分かりません。心構え的には「見て見ないふり、パーセンテージは見ても額は見ない、意識しない。」ことだけです。何ならもう株価チェックを全てやめることもありだと思います。


それは流石にツマラナイので、少額で大底当てゲームをやることくらいですかね。10万円程度であれば、ピンポイントでレバレッジETFを期間限定で投機するのも楽しいかもしれません。


今日はプレで少し反発していますが、まだまだ不透明なので落ち着いて観察していきたいと思います。


マネーリテラシーをあげたい人は「お金の大学」をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました