大暴落(金利上昇局面)での立ち振る舞い

カゴ米国株投資

マレーシアに戻り隔離生活から解除されて早10日が過ぎようとしています。今年は株価の調子が悪いので、生活費をなるべく抑えるチャレンジを実施しています。


とは言っても、生活費のほとんどが食費です。先日インドネシアから持ち帰ったオートミールやうどん、パスタ、インスタントラーメンとの組み合わせで乗り切る予定。


麺類はその内に底を尽きるので、その場合は少し出費が必要になりますが、栄養バランスを考えた食事をする必要があるので仕方ありません。


オートミールはマレーシアでも結構安く売っていて、800gで190円程度でしたので今後も活用していきたいと思います。栄養があって激安なのは嬉しい限りです。


オートミールでは足りない栄養素はググって、乳製品、卵、ベーコン、ハム、ナッツ。乳製品は豆乳、ベーコン、ハムは高いので却下(笑)、ナッツは安いので購入。毎日、摂取しています。それに血液サラサラにしないといけないので、黒酢、鯖缶も取り入れています。


栄養についてもっと勉強する必要がありますね。今日から3連休なのでYouTubeで勉強しても良いかも知れません。どうせ暇ですしね。


スポンサーリンク

ここ最近の心模様

今年に入ってから大方の予想通り厳しい展開が続いています。私はポートフォリオの変更はしていません。所詮、VTI、QQQ、VGT、SPYD、HDV、VYMのみのポートフォリオなので、変えようがありません。


しかし、高配当ETFのSPYD、HDV、VYMには助けられています。元々キャピタルゲインは期待出来ないことは理解しているものの、配当金も別に嬉しくない現状なので、バサッと売却しようかと思いましたが、税金20.315%や売却手数料を考えると、「今」では無いと判断し、保有することにしました。


その結果、今があります。それでもVOOもしくはVTIのみがベストですね。まだ投資資金や含み益が少ない人は変更しやすいと思いますので、オススメします。しかしながら、金利上昇局面というのは当然未経験ですが、決算が良ければ株価は上昇していくと思います。


この様な場合でも売る必要のない銘柄を持つ必要があります。しかも、出来れば毎日株価を見ないことが求められますが、投資歴が長くなればなるほど困難になってきますね。市場平均(VOOやVTI)のみを保有しているのに、頭で色々考えた挙句、行動することが1番やってはいけないことです。


インデックスは今年はダメだとかレバレッジ煽りインフルエンサーなど不安になる人もいると思います。それなりに知識がある人たちだとは思いますが、だからといって、猿真似したところでリターンが上がるわけではありません。


年初来のリターンを公表していれば、信じるに値しますが、実力というのは経済的な知識ではなく、リターンが良いかどうかです。証券会社の人がモーサテに出演して働いていることからも、「言わずもがな」ですね。


もう、リターン公表していない奴はツイッター発言禁止にして欲しい位です。その点、テスタさんは素晴らしいと思っています。キチンとリターンを公表しているし、人間性も素晴らしい。本当に尊敬に値します。


煽りインフルエンサーには負けず、市場平均のポートフォリオで不安定な相場を乗り切る力を身に付けることが、将来のリターンを約束すると信じて欲しいですね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました