このタイミングで個別株を買ってしまった。。。

リンゴ米国株投資

本日、大引け前に個別株を買ってしまった。アノマリー的に2月は相場が悪くなるのにも関わらず、高値掴みになる可能性もあるのにも関わらず…その銘柄は…

知らない人はいないアップル(APPL)。

QQQにもVTIにも組み込まれているので、すでに保有しているのだが、衝動的に買ってしまった。

スポンサーリンク

にインした理由

何故、大型株のアップル(APPL)にインしたか?

  1. じっちゃま のYouTubeライブを夜明け前に聞いていた。
  2. GAFAMもこれから決算シーズンを迎えるが、先日のネットフリックス(NFLX)の決算が良かったこともあり、良いだろうと見込んだ。(じっちゃまも同じように言っていた。)
  3. カップウィズハンドルを形成し、大引け30分前に最高値更新していた。
  4. 最近iPhone12を子供に買ってあげた。(この分を株で回収する)

本当は決算後に買うのが常套手段なのだろうけど、ちょうど、9/2の137.98ドル、12/29の138.79ドルを本日超えたのはデカイ。そして、9月からダラダラしつつカップウィズハンドルを形成した。

本日、せっかくポートフォリオとしてはマイナスリターンからプラスリターンになったタイミングなのに、売買をするのは売買手数料で0.49%(税金含む)がビハインドになる。

当然、ポートフォリオには悪影響。現時点はあと2分で大引けだが、若干垂れているのは仕方ない。2,800ドル投資をあのままTECLで保有しているより、アップル(APPL)で保有している方が夢を感じる。

昔話になるが、多感な時期に媒体がカセットテープのウォークマン(Walkman)で音楽を聴いていた。その後、MDになり音質は良くなったようだが、MDウォークマンを買ってみたもののほとんど使わないで終わった。

その次はCDそのものが媒体のCDウォークマン。これはサイズそのものがデカイくて重かったが、結構使った覚えがある。

次に来たのが、なんの媒体もない機器そのものにデータが入っているポータブルオーディオプレーヤーだった。勿論、これもソニー製を買った。でも、会社の先輩はアップル製のiPodを持っており、くるくる回して音楽を選ぶ仕草に、単純に羨ましかった。

その経験もあり米国企業のアップルに憧れがあった。そして携帯電話に話が変わるのだが、携帯電話が普及し出したので、一番大きいドコモと契約していた。そのうちに、どうもiPod(Touch)が携帯電話になるらしい。。。

電話も出来るし、音楽も聴ける。インターネットも出来る。これは便利。そして音楽プレーヤーを日本人という理由でソニー製を買った後悔から、iPhoneをソフトバンクから発売になるという噂の段階で、まだ弱小キャリアのソフトバンクに変えた。

そして、噂通りiPhone 3Gが発売するのだが、あの時の興奮は今でも忘れられない。WWDCで発表された翌日にソフトバンクに行き予約した。ソフトバンクでiPhoneを発売すると発表する前なのだが、ソフトバンクで(渋々)け付けてくれた。朝、会社を遅れて行ったのだが、ソフトバンクに誰も並んでいない。。

その1年後、駅の公衆トイレに置き忘れてしまい、大ショックを経験するのはその時は知る由もない。やっぱりiPhoneは使いやすいし、なによりもクール!

それからはラップトップもMacBook Air にしたし、AirPodsも買った。米国企業であるアップルはどんどん革新的な製品を出すのでやっぱり楽しい。

そんな過去の経験から、本日個別株としてのアップルを買ってみた。短期で降りるつもりは無い。恐らくこのまま上昇し続けることは無いかもしれない。でも、魅力的な製品を世に出す限り、保有し続けて行こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました