第26回 【対策アリ】外出自粛で起きる人間関係トラブル3選【社会・トレンド】を観て考える家族との付き合い方。

サラリーマン社会・トレンド

自分自身でいうのも変ですが、僕は正直いって家族に対して良い父親ではありません。特に妻に対しては頭が上がりません。

新婚のころでさえも、休みになれば朝開店と同時にパチンコ屋に入り浸っていました。
会社の年間休日が120日程度なのですが、すべての休日にパチンコ屋に出勤していたのです。

それなのに、家にひとりでいて寂しい思いをしていたと思うのですが、何ひとつ文句を言わないのです。仕事で大変なのだからと、休みの日くらいは自由にさせてあげるという寛容な心を持っている人なのです。

よく会社の同僚と奥さんの話になるのですが、正直僕の奥さんが天使に見えるほど
他の奥さんは怖いようです・・・

スポンサーリンク

第26回 【対策アリ】外出自粛で起きる人間関係トラブル3選【社会・トレンド】

質問者さんは緊急事態宣言から家族全員がほぼ24時間狭い部屋に籠もって過ごす状態になっており、妻とのケンカが増え、子供を怒鳴ってしまうこともあり、毎日、イライラと自己嫌悪を繰り返しているそうです。そこで、学長なら、何に気を付けてこんな自分をコントロールしますか?との問いです。

今、日本は在宅勤務や外出禁止要請が出ている中、普段は夜に帰宅したから寝るまでの間、数時間しか一緒に過ごさないのに、急に1日中過ごす必要があり全世界でも離婚が急増する懸念があるそうだ。

では、どうすれば、いいのか両学長は以下の対策方法を提示している。

  • 自分の感情を正しく認識する
  • 1人の時間を確保する
  • 1人2役は最小限にする

怒りや不満が爆発しそうなとき、一度深呼吸して自分が本当に感じていることを見つめてみると良い。本当の感情は相手を思いやる気持ちが怒りや不満に向かうことなのだからと言っています。

確かに家族であればなおさら相手のことを考えて怒ってしまうのですよね。
だからこそ、一度深呼吸して落ち着くことが大切なのですよね。

また、人間はひとりの時間が必要なのでその時間をお互い作ることが大切とのこと。

確かに、漫才のコンビが仲が悪いということと同じように感じる。しかも連絡先もどこに住んでいるかも知らないケースもあるらしい。

まだ売れない若い時からネタ作りから漫才の練習までずーと一緒でいれば色々な考え方などに差異が生まれるのも当然だろう。

自分だけ考えるのではなく、相手がひとりでいる時間を作ることが大切なのですね。

三番目の「1人2役は最小限にする」はイマイチ分かりませんでした(笑)
普段奥さんに頭が上がらないのに管理職のいつも偉そうな自分のまま接すると、悲惨な結果になるということですね。

結局、僕はこの動画を見て思ったのは、相手を自分の思い通りにしたい支配欲を抑えることが基本。

やりたいことをあえてやらせることで相手のストレスは溜まらないし、また良い意味で自分と相手に少し距離が生まれ、うまく物事が進むのだろう。

実際はタイに単身赴任しているので、ほとんど喧嘩することなく平穏に過ごしているのであるが、日本に帰国したら今の気持ちを忘れずに実践したいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました