あれっ、身体の調子が悪い!

手社会・トレンド

米国株の調子が悪い時は右往左往しないで放置がベストですね。現金に余裕がある人は(あまり期待せずに)買い増しすることにより、多少は収益が上がります。はい、あまり現金がないTです。


スポンサーリンク

不健康になって初めて健康のありがたみが分かる

今、自分にあるものは失った時に初めてそのありがたみを感じるというのは今までの人生で誰もが経験していると思います。


恋人や奥さんなどは典型的な例ですね。でも、頭では分かっていてもすぐにその当たり前の状態に慣れてしまい、感謝する心を忘れてしまいます。


左手と左足に力が入らない

何故こんなことを書くのかというと、ここ3週間ほど前から出た症状なのですが、ソファー下の床のクッションに座って、パソコン作業することが多いのですが、その日もいつものようにツイッターやYouTubeなど観た後に、「さて、そろそろ寝るか…」と立ち上がろうとしたんですね。


でも、何故か左手も左足も力が入らない。自分の意思とは無関係にぶらーんっていう状態なんです。「あれっ、おかしいぞ、なにこれ…」と少しの間格闘しましたが、最終的には諦めてなんとかソファーに横になって静かに待ちました。


すると数分で段々力が入るようになるのです。いつもの感覚が戻って来ました。少し恐怖を覚えましたが、原因は思い当たりません。


すぐに病院に行けば良かったのですが、まだ免許証が取得出来ない状態が続いているので、病院に行くのも少し面倒です。


先日もベッドで寝ている時にこの症状が現れました。いつも酔っている状態なので、アルコールの影響かもしれない。ローカルの安酒が悪いのか…。先日、昼間に簿記の勉強をしているときに、左手に少し違和感を覚えました。


お酒は昼少し飲んだ程度でスッカリ酔いは冷めています。段々、力が入らなくなるいつもの症状です。


病院に行って来た

さすがに怖くなり、病院に行きました。MRI含めて一通り検査しましたが、特に異常は見当たらなかったので、少し安心しましたが、そうだとするとこの症状の説明がつきません。


大体、ネットで検索すると、脳梗塞がヒットしますので、かなりビビっていましたが、脳に異常は無いそうです。


思い当たる節はあのローカルの安酒です。29リンギット(750円)のウォッカです。まだ残っていますが、かなり怪しいです。


折角見つけた安酒ですが、健康を、害するのであれば節約どころではありません。代償は大きいです。確信を得る為には、当分はその安酒は飲まないで、ビールにしようかと思っています。(やめればいいのは十分分かっていますが…)


それでも、まだこの症状が続くようであれば、日本に一時帰国して検査しようかと思います。最悪は帰任となり、人生ボーナスチャンスのランプが消えてしまいますが、それも仕方ないことです。


まとめ

今ある状況は気が付かないだけで幸せなことも多いと思います。日々、何事も無く生活出来ていることに感謝しなくてはいけないですね。


とは言っても、冒頭で述べたように、「当たり前」に慣れてしまい、その「当たり前」を失った時にひとは初めてそのありがたみに気づくのです。


米国株に対しても同じだと思うんです。上昇相場に慣れてしまい、それが「当たり前」になっていました。


リスクというのは幅です。下落する力は上昇する力と反対のベクトルです。


相場にいることに感謝をして、自分が続けられる米国株投資を続けていきたいと思います。


コメント

  1. より:

    最近、ブログを拝見させて頂いているMと申します。匿名で失礼致します。
    先日、私も急に足先の力が抜けて、子どもに相談したところでした。子どもは、現在医学生で大学病院で全診療科を回っている真っ最中といったところです。よって、知識は浅くて広いので、参考程度に読んでいただけたらと思います。身体の片側に短時間力が入らない場合は、「一過性脳虚血発作」が疑われるそうです。脳のMRIや頸動脈や心臓の検査を行うけれど、一時的な症状のためMRIは異常なしと判断されることも多いそうです。MRIやCT等の画像診断は意外に難しいので、医師なら誰でも出来るわけではないそうです。できれば、放射線科の専門医がいる病院が良いとのこと。脳梗塞を発症する場合があるので、脳外科を受診するのベストだという事でした。恐いと思われるかもしれませんが、突然脳梗塞が起こることが多い中、前兆が現れる方はラッキーなのだそうです。
    ブログの文面から、今まで大変な思いをされて、ここまで来られたのだと思います。T様も書かれているように、健康が第一です。念のため、ご家族や知り合いの医療関係者に相談されてみてはいかがでしょうか。
    もし、このコメントでT様の不安を煽ったのでしたら、大変申し訳ありません。

    • T より:

      M様

      ありがとうございます。先週の火曜日に病院に行きましたが、それから左手と左足の完全な麻痺はありませんが、若干の脱力感のような似た症状は2,3回ありました。決心しました。これから上司に相談して日本で検査を受けたいと思います。確かにあの症状で何も問題がないという結果(MRI、血液検査、心電図?)に若干疑いをもっています。ありがとうございます。わざわざ心配して頂き感謝しています。

タイトルとURLをコピーしました