決算まで待てずに買ってみた銘柄2選

紙袋米国株投資

じっちゃまのYouTubeでよく買い時と売り時の質問があるが、

決算が良ければ買う

決算が悪ければ売る

徹底している。決算が良かった時に株価が大暴騰した時、一般の個人投資家はもう遅いと思いがちだが、そうではないと。

「機関投資家は売り注文を1日ではさばけないから」ということらしい。なので、その風に乗って買った方が良い結果になる確率が高いとのこと。

また、決算が悪ければ売り。ま、これは理解出来るが、アフター及びプレマーケットでひどいことになっていることが大多数なので、よっぽどのことがない限り、損切り状態となってしまうだろう。

しかし、このブログのタイトルで察していられると思うが、すでに買い注文を入れているのだ。

現在、マーケットオープン12分前。

まだ注文取り消しに間に合うが・・・ま、いいか、欲しくなったら我慢できん。

スポンサーリンク

ビル コム ホールディングス(BILL)

最初の銘柄はビル コム ホールディングス(BILL)。これは、このブログの時にすでに買い注文を入れている。

過去全ての決算が良いことを大前提として投資を決めているので、適当に良さげな銘柄を選んでいるわけではない。

基本はクラウドコンピューティングファンドなので、今はどれもドル箱状態だと思う。

だって、投資初心者でも含み益なのだからね、今のところ。

プレマーケットで、すでに+1.49%。チャートが、Cap with handleっぽいのも購入の決めて。いや、本当は分からない。

もう少し勉強しよう、俺。

2020/6/29の相場を終えて

前日比;+0.02%。昨日はクラウド銘柄は全部下げ相場だったので、問題ない。少しずつ含み益になってくれる銘柄だと信じている。

トレードデスク (TTD)

この銘柄は過去に調べた記憶があるが、恐らくリストにないってことは除外したんだろう。

でも、先日のじっちゃまのYouTubeで決算を一回もしくじっていない銘柄として紹介していたので、早速購入してみた。

じっちゃま保有銘柄を教えて欲しいけど、入れ替えが激しいから意味がないということで教えてくれないんだよなー。

決算もいつもの3サイトで調べて、チャートもぐんぐん伸びているので、成り行き注文。下手に指値入れても、意味ないので成り行きが一番。

2020/6/29の相場を終えて

前日比;-0.2%なので、まずまず。いきなり大きな含み損とかよりは全然マシ。少しずつ上がっていけば御の字。

まとめ

ポートフォリオに新しく2銘柄が加わった。バイオ株はそのうちサヨナラするので、まだまだ良いクラウド株があったら追加していくつもり。

一度、クラウド株を見直しする意味でブログ書くか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました