ブルーウェーブで戦々恐々!

米国株投資

最悪の事態になったらしい。とは言いながらも、いつもすぐに上昇するので話半分に聞いてはいるが、それでも先日の2ヶ月間の暴落後からのダラダラには正直苦痛だった。たったの2ヶ月であんな状態になるなんて、最長30ヶ月も軟調相場に果たして耐えれるのだろうか。

スポンサーリンク

ブルーウェーブ

共和党が1議席でも取れば、上院及び下院が民主党になるブルーウェーブは避けられるのに、Raphael Wamockさんという民主党の議員が勝った。残りの1議席は開票率98%で民主党のJon Ossoffさんが0.4%の差でリードしている。

もうプレマーケットでは米国3指数が軒並み下落。久しぶりの大幅マイナスの予感。2021/1/6寄りの2時間半前。

ポジションを落とすのが賢明と言われても、すでにETF化しているので個別株(ハイパーグロース株)は5%のみ。Othersの中にはレバレッジETFのTECLも含まれています(笑)

すべて良い銘柄なのでそのまま放置したいのだが、米国債10年利回りも1.0%をとうとう超えたので、いままでセコセコ蓄えていった含み益なんてすぐに吹っ飛ぶだろう。

なので、個別株は全て売りの逆指値を再度設定。期限切れしていたので、全て注文キャンセルして再度設定。

逆指値に刺さることはよっぽどのことがない限り大丈夫だとは思うが、油断大敵。

今日はかなり下落しそうだが、投資額が大きいので5%の下落で-135万円。どうなることやら・・・決してリスク許容度は低いほうではないが、このクラスの下落が2,3日も続けば、さすがに病んでくる。。や

れることレバレッジETFのTECLを手放すくらい。おそらく、-7%程度はあっさりと下落するはずなので、踏ん切りをつけて放出か。。

これからの見通しが分からないが、復活は難しいのかもしれない。いまだに9月からの下落からもう少しでプラスマイナス0だったのに・・・。

まあ、昨日、2%のプラスだったので、仕方ないとあきらめよう。レバレッジETFで爆上げ経験したかった人生。

でも、堅実なポートフォリオが性に合っている。アノマリー的に2月は相場は悪いし、2021年は市場平均は+3%程度。(あくまで過去平均の話)

そうなると、TECLに期待は出来ない。ボックス相場だと、空ぶかしばかりして全然ダメ。乗る時期が悪かったのだから自分が悪い。

しかし、今日以降、さらに下落するようであれば、なにかめぼしいETFでも買いたい。資金は15,000ドルあるので、半分ずつ2回に分けるか、2銘柄か・・・

ICLNもQCLNもプレで5%に迫る勢い。勝手な予想だと、SMHは少しは下落しそう。しっかりモニタリングしてRSIが40%くらいまで落ちたら思い切って買ってみようかと思う。

今日はそこまでいかないと思うけど。。ま、いずれにしてグロース株中心のポートフォリオではないし、組み込み比率5%で逆指値対応済なので、放置を決め込もう。

TECLは本当に売却するかもしれません。。。残念。。でも酔っ払って寝ちゃいそう(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました