プラグパワー(PLUG)を今から飛び乗れるか

電球米国株投資

個別株、特にプラグパワー(PLUG)が凄すぎる。

スポンサーリンク

プラグパワー(PLUG)

この個別株はかなり思い出がある。以下の2つのブログを確認して貰えると分かるが、単純に笑えます。もうかれこれ5ヶ月も経つとは、時が過ぎるのは早いものです。

ETF中心のポートフォリオは安定しているが、退屈感は否めない。ツイッターで毎日のパフォーマンスが+5%や+7%とか凄すぎる人が大勢。

逆もあるんだろうけど、どうしてもプラスの時の方が狂喜乱舞してツイートするので、より目立つ。でも、自分の地味なパフォーマンスを卑下している訳ではないが、単純にウラヤマシイという気持ち。

それでもICLNが調子が良ければなかなかのパフォーマンスを出せるので満足出来るのだが、ここ最近はグズグズしている。直近では12/10にVTIを4,750ドル分買っただけなので、正直退屈。

ブログもあまり更新する気にならなくなってきた。特にプラグパワー(PLUG)は爆上げなので、持っている人はウラヤマシイ。。。あー羨ましい。

以前は誤って10,000ドルホルダーだったが、タラレバは嫌いだが、今頃持っていれば・・・。。

ではチャートを見てみよう。

窓が何個もある。。なんじゃこれ。

今日も窓が開きます。

おいそれと投資できるチャートではない。イナゴタワーが出来上がっているので、おとなしくしていたい。じっちゃまはクリーンエネルギー銘柄はこのプラグパワー位しかオススメしていないので、他の優良銘柄が自分では分からない。

でも、このセクターは恐らく、すでに荒らされているので、株高なのは容易に想像出来る。それでも、今週の月曜日(2021/1/11)に遊びでインもできたが、あの場面では怖い。

ポートフォリオがETF化すればするほど、個別株の恐怖が増してくるので、なかなか踏ん切りがつかないのが正直なところ。

個別株ではシースリーエーアイ(AI)を自動狼狽売り(逆指値)してしまったのは悔やまれる。

でも、米国10年債利回りが上昇してきているので、少しグズグズしているのは喜ばしい。指値を変更して買いに走ってもいいが、投資額は1,000から2,000ドルに増やすことにしよう。

チャート的には100ドルで刺さればラッキー。でも110~120ドルの範囲が妥当か。あとはあまり無理せずに、IPO株を1,000ドルの投資額で下で拾っていけば、少しは退屈しのぎになるだろう。

まあ、あまり周りに影響されないように個別株と付き合っていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました