今週(Week3)のマイポートフォリオを振り返る

松の葉米国株投資

「すでに軟調相場がヒソヒソとやってきた」これは先週のことば。

今週は、「先週の損失を補填して一安心。2月下落のアノマリーでTECLギリギリ含み益で売却。」です。

今週の動きは以下。TECL→AAPLに生まれ変わりました。

  • レバレッジETF TECL 全株売却(7株)約2,800ドル
  • アップル(AAPL)買付け(20株)約2,800ドル
スポンサーリンク

今週(Week3)の騰落率

いつものように保有銘柄全て騰落率をチェックしてみた。ETFと個別株で分類。

終わってみれば、納得の含み益。

個別株

テスラ復活。控えめだが、なんとか含み益。

バークレーライツ(BLI)は先週、50日移動平均線を下に切ってしまったので、不安通り、下落トレンド入りしてしまった。もう一度、50日移動平均線を上にブレイクアウトすれば、上昇トレンド入りして120ドルも夢ではない。決算に期待か・・・

ユニティ(U)はなんとか50日移動平均線を切らないで、もがいている感じ。なんとか頑張って欲しい。

テスラ(TSLA)はウダウダしているが、少しエネルギーを貯めて欲しい。次の決算は緊張する。

金曜日にインしたアップル(AAPL)は、取手の部分は少し垂れているが、カップウィズハンドル形成。決算日は来週の火曜日なので、一気に爆発して欲しい。

さて、アップル(APPL)はどのようになっていくのか楽しみですね。儲かったら、アップル製品買いたい(笑)

ETF

高配当ETFは今週不調だったが、QQQ・VGT及びICLNは好調。尚、TECLは手数料込みでプラス3.48ドルで生涯を終えた。プラスになるとは思わなかったので、良かった・・・

VTIとICLNの含み益バトルが繰り広げられています。QQQとVGT、高配当ETFのバトルにも注目ですね。

これですっきりしたETF集合体となった。ICLNの出口戦略だけが課題。

トータル

騰落率という観点では、今週は平均;+2.6%

含み損益

週間トータルリターンは+2.89%であり、7,700ドル(約80万円)の含み益だった。






コメント

タイトルとURLをコピーしました