今週(Week30)のマイポートフォリオを振り返る

松の葉米国株投資

「最終日(金曜日)にコロナ関連銘柄が噴き上がった!」
これは先週のことば。

今週は、「4日連続マイナスはツライ」です。一度手に入れた含み益を減らすのはツライですね。

また、今週は

  • 定期積立しているQQQ

  • 買い増したギリアド(GILD)

  • 遅ればせながらヴァックスアート(VXRT)

  • 指値買いIPO株のバークレーライツ(BLI)

  • ゴールド高値カンチガイで購入したSPDR ゴールド シェア(GLD)

  • 決算が良かったので購入したテスラ(TSLA)

と、総額100万円くらい投資額を増やしているのでダメージが大きいかもしれない。

スポンサーリンク

今週(Week30)の騰落率

いつものように保有銘柄全て暴落率をチェックしてみた。クラウド株、コロナ関連株、ETF、その他と見やすいようにセクター分けした。

この結果から一目瞭然だが、今週はかなりきつい展開。木、金とガツンとトータルリターンを下げた。

あまり、気が進まないが、ひとつひとつ見ていく。

クラウド系

決算日が2020/7/30に予定しているアトラシアン(TEAM)が6.64%、本当に強いリヴォンゴ ヘルス(LVGO)4.82%とトゥイリオ (TWLO)4.07%。

保有しているクラウド系の平均が-0.61%が物語っているが、その他は全然だめ。特にズームインフォ(ZI)の決算後に躍進することに期待したい。(決算日は今のところ、2020/8/10である。)

トップのアトラシアン(TEAM)は10万円ほど、下から2番目のズームインフォ(ZI)は100万円ほどの投資額なので、平均値(-0.61%)で感じる以上に含み損を抱えた。

ワーストのスラック(WORK)は100万円程度なので、大した影響力はないがSaaS系なのにこの実力では切らざるを得ない。

やっぱりリターン額が気になるので来週から含み益チェックもしよう。ポートフォリオ管理ツールのグーグルシートは自動更新なので、コピペしておかないといけない。

コロナ関連株

はっきり言ってボロボロの結果で終わった。やっぱりジョンソン&ジョンソン(JNJ)とメルク(MRK)はお金が寝ている状態なので、次のチャンスで引き抜く。大型株は良い意味では安定しているが、面白味がない。配当金も大した額じゃない。

モデルナ(MRNA)とバイオンテック(BNTX)においては、何にもできないので、時期がきたらその時の状態がどうであれ、キャッシュに戻ることになる。

バークレーライツ(BLI)はバイオテクノロジー株なので、コロナ関係ではない。これもZIやRPRXのように育てる株なので、決算日(2020/9/11予定)まで静かに待つしかない。

しかし、急転直下の1週間であった。

ETF

SPYD ゴールドシェア(GLD)は今週途中参入なので5.04%の恩恵を得ていない。米国経済全体がパッとしなかったので、やはりETF全体もそのような形である。

QQQは定期買付なので、下降トレンドは株数が増やせるのでラッキー。明後日も定期買付は続行。(トータル3,500ドル(370万円)に達成している)

その他

ドラフトキングスがアプリが出たとかで、少し上昇している。投資額も少ないので、大した含み益ではない。ロイヤルティーファーマ(RPRX)はズームインフォ(ZI)と同じく決算日(2020/8/12予定)を待つ。

テスラ(TSLA)は決算が良かったのでそのうち上がると確信。中国との関係はいずれ改善されるはず。

トータル

騰落率という観点では、平均;-2.71%でやはり4日連続マイナスは厳しい。

含み益

週間トータルリターンは-2.61%であり、3,807.10ドル(約40万円)の含み損だった。ま、大切なのは長期における展望なので、週間チェックはきちんと振り返ることだけで、この程度のマイナスで一喜一憂していたら個別株投資なんて出来ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました