今週(Week36)のマイポートフォリオを振り返る

松の葉米国株投資

「ポートフォリオ大改革の効果はこれから!」。これは先週のことば。

今週は、「6/11以来の大暴落。来週はいよいよレイバーデー明け。株価はどうなるのか。」です。

今週はかなりツライ振り返りとなるが、仕方ない。

今週の動きか以下。

iシェアーズ グローバル・クリーンエネルギー ETF(ICLN)を200万円分(高値掴み)

バイオンテック(BNTX)意図的な損切り。

Direxion デイリー テクノロジー株 ブル 3倍 ETF(TECL)を30万円分(高値掴み)

モデルナ(MRNA)&バイオンテック(BNTX)を10万円分(指値)カンバック!

スポンサーリンク

今週(Week36)の騰落率

いつものように保有銘柄全て騰落率をチェックしてみた。クラウド株、コロナ関連株、ETF、その他と見やすいようにセクター分けした。

めちゃくちゃ。かろうじて、ズーム祭りでクラウド株は含み益。では、それぞれみていこう。

クラウド系

クーパ ソフトウエア(COUP)はレイバーデー明けの2020/9/8に決算発表。先行売りなのか良く分からないが、決算悪かったら売り、良かったらホールドしよう。クラウドフレア(NET)はギリギリ決算良かったので、ホールド。あとはピカピカ銘柄なので、全然心配していない。

今後もどんどん含み益が目減りすると思うが、まあ、仕方ない。いずれ復活していくでしょう。問題はQQQとの対比。現在、ほぼQQQと同じようなパフォーマンスなので、その点は安心。オクタ(OKTA)が含み損になりそう・・・

コロナ関連株

モデルナ(MRNA)とバイオンテック(BNTX)は指値で拾えたので、若干の含み益だが、特にエマージェント (EBS)がひどい。決算に連動するし、ワクチン開発成功が追い風になるでしょう。ギリアドサイエンシズ(GILD)は何故か今週は含み益。

稼ぎ頭のエマージェント (EBS)が下がってきたので、コロナ関連株のトータルで含み損になるのも時間の問題。モデルナ(MRNA)とバイオンテック(BNTX)に期待している。

ETF

かなりひどいことになっているが、どれも大好きなETFなので、復活するときは大騒ぎしたい。さすがTECLはレバレッジETF。でも、QQQ、VGT、ICLNよりは投資額が少ないので、被害は少ない。それとこれは覚悟の上なので、全く動揺していない。

トータルの含み益も徐々に減ってくるのは覚悟しないといけないが、金融相場を信じてホールドしていく。

その他

テスラ(TSLA)はS&P500に採用されなかったので、レイバーデー明けに下落するのは間違いない。エヌビディア(NVDA)と共にどちらも良い銘柄なので気にもしていない。まだ含み益なのはデカイ。

トータル

騰落率という観点では、今週は平均;-4.56%であった。

含み損

週間トータルリターンは-24.02%であり、-6417.18ドル(約68万円)の含み損だった。とにかくレイバーデー明けは注意深く観察したいが、今のところポジションを下げるつもりはない。自爆するのかもしれないが、その場合は、毎日株価見るのがつらくなりそう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました