今週(Week46)のマイポートフォリオを振り返る

松の葉米国株投資

「爆上げじゃー!今までのウップンを晴らした1週間!」。これは先週のことば。

今週は、「ワクチン完成間近で決算至上主義を捨てクラウド株全売却」です。

今週の動きは以下。
クラウドストライク(CRWD)、ドキュサイン(DOCU)、ヴィーバシステムズ(VEEV)、ズームビデオ(ZM)、ジィースケーラー(ZS)全株売却

スポンサーリンク

今週(Week46)の騰落率

いつものように保有銘柄全て騰落率をチェックしてみた。クラウド株、コロナ関連株、ETF、その他と見やすいようにセクター分けした。

クラウド株が爆・爆・爆下がり。それでもトータルリターンは約半年で4,800ドルなのでOKとします。投資初心者なので全然OK。

クラウド系

今週の展開よりもさらに馬鹿デカイものが来る。予想してはダメだけど、いずれ来る。新型コロナのワクチンはいずれ完成する。今年か来年2021年には完成するでしょう。

そう思った時に、だったら今の時点で売ることを決心した。トランプ政権のワープスピード計画をアップデート(大した材料はないですが)したのも大きい。

決算予定日は以下。恐らく良い決算が出ると思うが、それより前にファイザー&バイオンテック連合が新型コロナワクチンをFDAに緊急使用承認の申請をする。またこの時に、月曜日(2020/11/9)のような展開(米国10年債利回り上昇→グロース株駄々下がり)になるのか注目したい。

ヴィーバシステムズ;11/25
ズームビデオ;11/30
ジィースケーラー;12/2
クラウドストライク;12/2
ドキュサイン;12/3

コロナ関連株

先週に続き、コロナ関連株は調子がいい。バイオンテック(BNTX)よりもモデルナ(MRNA)のリターン率(%)が大きいのには注目したい。同じメッセンジャーRNAの手法なので織り込んできたのかもしれない。



注目のバークレーライツ(BLI)は決算が良かったので、金曜日(2020/11/12)にブレークアウト。この銘柄はじっちゃまもすでに注目していないが、引き続きホールド。

ギリアドは塩漬け(笑)バイオンテックやモデルナを売却するときに一緒に売却するかもしれない。そういえば、スプレー式レムデシビルはどうなったんだろう。

ETF

ナスダック系のTECL、QQQ、VGTは不調。まあ、分散が効いているというポジティブな考え。この逆の状況も十分に考えられるので、割合は最適なのか分からないが、このまま放置。狼狽売りはない。

VTIに資金集中しているので、リターンが大きいのは当たり前だが、これからはこの傾向が続くのかもしれない。水曜日(2020/11/18)にクラウド株の売却益をETFに投資予定。

その他

ユニティ(U)はハイパーグロース株なので月曜日(2020/11/9)からクラウド株と同様に下落していったが、好決算で金曜日(2020/11/12)に+12.81%。それでも週間リターンは-3.55%。これからも厳しい展開を予想。


トータル

騰落率という観点では、今週は平均;-0.32%

含み損益

週間トータルリターンは+6.59%であり、+2051.62ドル(約21万円)の含み益だった。





コメント

タイトルとURLをコピーしました