今週(Week51)のマイポートフォリオを振り返る

松の葉米国株投資

「調整・調整・調整の1週間」。これは先週のことば。

今週は、「ワクチン効果、FOMC効果、テスラ効果」です。

今週の動きは以下。

  • AI 10株 売却(逆指値に刺さる)
  • ICLN 分配金

シースリーエーアイ(AI)は急上昇→大幅下落→上昇を繰り返しているが、100ドル付近で刺さってしまった。現在、買いの指値を入れているが、指値を変更予定。

スポンサーリンク

今週(Week51)の騰落率

いつものように保有銘柄全て騰落率をチェックしてみた。ETFと個別株で分類。

高配当ETFがあまり調子良くないのが分かるが、ETFのパフォーマンスとしては期待通りの展開。尖ったTECLやICLNはハイリスク・ハイリターンなのでこのくらいは・・・個別株はプラスならOK。しかし、テスラはあの時に1,000ドル付近なら2,000ドルは投資していたはず。1,600ドル投資は悔やまれる(笑)

個別株

エヌビディア(NVDA)はヨコヨコだが、一株だけだしほったらかし。先週再インしたズームはトータルリターンは2,300ドルほどあるが、今回の買い付けのリターンのみで管理していく。バークレーライツ(BLI)とユニティ(U)は期待のハイパーグロース株。

注目のバークレーライツ(BLI)は先週、公募価格の86ドルを超えたが、今週下落、そして上昇とまたもや86ドルを超えたが、売り圧力はここにはもうすでにないのだろう。高値の98.93を超えて新波動入りを望みたい。

しかし、RSIが50%付近の時は買い時なんだろうけど、実体験からするとポジションを増やす行為は出来ない。。。信頼出来るETFであれば可能なんだろうけど。

ユニティ(U)もチャート見てみたい。文句なしのチャートで上昇トレンドは維持していきそう。ダブルバガー達成済なので、次に向かって欲しい。

ズームは買い戻ししたので、そこからのリターンで表示しているが、グーグルスプレッドシートで手修正しないといけないので面倒(笑)



ETF

十分満足な結果。資金力が大きいので上昇時は大きいが、下落時も大きい。なので、半年で見切ってのETFへの移行は正しい。米国債10年利回りの動向だけでポジションを落としたりするのって難しい。なので、決算原理主義を貫く必要があるのだろう。(個人的には無理でしたが・・・)

ナスダック系ETFが高配当ETFを凌駕するのも時間の問題。TECLがもう少しで含み益ゾーン。

トータル

騰落率という観点では、今週は平均;+17.16%

含み損益

週間トータルリターンは+2.52%であり、6416ドル(約66万円)の含み損だった。





コメント

タイトルとURLをコピーしました