今からでも間に合う!?クリーンエネルギーETFを買ってみた

葉っぱ米国株投資

なんか良いETFはないか探していた所、「iShares S&P Global Clean Energy Index ETF」ティッカーシンボルはICLNが良さげ。少し調べてみた。

スポンサーリンク

ICLN – iShares S&P Global Clean Energy Index ETF

セクターを調べてみると、公益事業;47.26%、テクノロジー;34.31%、資本財;16.01%、エネルギー;2.20%。公益事業が大半を占めている。

実際に組み込まれている企業トップ10は以下。正直言って、プラグパワー(PLUG)しか知らない。ひとつひとつ調べようかと思ったが、クリーンエネルギー関連なのでしょう(笑)ETFなのでプロが入れ替えをしているので、お任せ。

忘れていけないのは信託報酬率だが、0.46%とQQQの0.2%の2.3倍とは高い。これでパフォーマンスが悪い様なら、売却。分配金率は0.63%とQQQの0.58%と近い。

続いて年初来のチャートを確認。VIG、VGT、QQQと比較したが、なんと一番パフォーマンスが良い。8月付近からVGTとQQQを超えているのは、恐らくバイデン大統領候補への期待なんだろう。


VIG;4.81%
VGT;32.33%
QQQ;37.59%
ICLN;43.15%

さて、プラグパワー(PLUG)を逃したこともあり、またSBI証券でも取り扱いがあるので、買い決定。問題は投資額。直近3ヶ月間でのワースト&ベストパフォーマンスを調べると、ベストは+3.89%であるが、ワーストは-6.71%と下がるときは大きくのパターン。それでも、グラフ化すると、明らかにプラスの時が多いのは、安心材料。もちろん、今後は誰にも分からない。

投資額とワーストパフォーマンスの比較。しっかりと覚悟を決めて投資額を決めていきたいと思う。恐らく、バイデン候補が有利な材料の時は、このETFは上昇すると思う。ETFなので、しっかりと分散されていると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました