人生における価値観

鎧社会・トレンド

芸能人の方が〇〇歳で亡くなったというニュースを見た時に〇〇-60歳を即座に計算してしまいます。つまり、定年退職後の年数を計算して、「自由な時間は僅か〇〇年かあ」と嘆いてしまいます。Tです。


スポンサーリンク

サラリーマン

サラリーマンの方のほとんどは面倒な人間関係、ストレスが溜まる通勤など「お金」があったら、即座に辞めたいと思っていると思います。私もそんな思いを強く持っているひとりです。


もしも、毎日が楽しい人はそれまで積み上げたサラリーマン人生を最後まで勤め上げれば良いと思います。大多数の人はさっさと自由を手に入れたいですよね。でも、どんな人にも生活があります。生活するためにはお金が必要です。


お金を貯める目的

お金を貯める行為そのものには意味が無いという人がいます。果たしてそうでしょうか。私はどんな行為にもその人の日常が生き生きとするものであるならば、意味が無いどころか素晴らしいものだと思います。


人生が楽しくなるのであれば、他人の価値観は全く関係が無いですよね。勿論、お金を貯めることにはそれぞれ目的があるのですから、その目的を達成することは最終目標となります。何か欲しい物が出来て、買おうと決心したとします。その時はお金が必要です。


その為に、なけなしの給料の一部を貯金したとします。最初はツライですよね。ほかに欲しいものを我慢しなければなりません。でも、段々と貯金の額が増えてくるに従って嬉しくなってきます。給料日が楽しみになります。


お金を貯める為の行為(例えば自分でお茶を作って持っていくなど)が楽しくなります。周りは「せこい」と思うかも知れませんが、そんなことは関係ありません。周りの目を気にしていたら、お金は貯まりませんね。いいんですよ、何言われても。


私たちは大多数派ではなく、少数派なんです。だから、ほとんどの人が目的を達成し得ないことをなし得るのです。はい、これは完全にのことですね。


会社であるポジションになった時に、精神的に病みました。詳しくはこちらをご覧ください。人生での一大事です。いわゆるですね。薬も飲んで無いし、会社も休職していません。今も引きずっていますが、なんとかなりました。


そんな経験から、これが人生なのか・・・と絶望感を味わいました。そして、今の生活が続く保障なんてありません。年齢も年齢なので、いつリストラになるか分かりません。だから、折角、海外赴任というチャンスが到来した今、やるべきことをやるだけです。


でも、大多数の人が無駄にしています。つまり散財です。どのように散財しているかは人それぞれですが、大抵は女性絡みですね(笑)まあ、遊び慣れていないおじさんがハマるみたいですね。


そんな時に思うのですよね。この生活が永遠に続くと思っていますか?特に給料は赴任期間が終われば、また元に戻ります。でも、人生が楽しいものにお金を使うのであれば、基本的には賛成です。単に私はそのような行為はしないということです。そこに価値は無いと思っているからです。


やっぱり会社は辞めたい

77歳で亡くなったとします。その場合、60歳で定年退職出来たとしても僅か17年です。しかも、その17年間が健康で楽しい生活を過ごせているわけでは無いでしょう。そして、大多数の人はそのまま給料がかなり減るにも関わらず、継続して勤めています。


サラリーマンが辛くなければ、別に良いのですが、私は絶対にですね。そんな思いが、年齢を重ねるにつれて大きくなりました。精神的に病んだ経験があったからこそかも知れません。先日、両学長が株式投資だけの不労所得で上がる人(いわゆるFIRE)は僅か片手で数えられる程度と言っていましたね。


やっぱり圧倒的に稼ぐ力が足りないのでしょう。だからこそ、人生ボーナスチャンスを逃したく無いのです。これまで積み上げて来たサラリーマン生活の退職金も含めて、1億を貯めることが出来れば、家族も会社を辞めることを許してくるでしょう。


3千万円は現金としてキープし、7千万円を米国株に投資して不労所得を得ていきたい。その状態は年金が貰える65歳までの間です。トリニティースタディは当然、年金額は考慮していません。となると、4%定率で取り崩すことが出来れば、100%問題無いと思います。


FIRE後にやりたいこと

問題は会社を辞めた後に何をやりたいか。まだありません。自由な生活を手に入れた後に探しても遅くはありません。今は、会社の最後の日の帰り道を夢見て、頑張っていきたいと決意を新たにした早朝です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました