ここ最近ちょこちょこ買ってきた個別株を公開!

ダーツボード米国株投資

在宅勤務が多くなり、これから伸びるであろう個別株をここ最近一気に買った。
色々調べるとやはり人気があるのかコロナの影響は受けていない、いやむしろ活気がある伸び方をしている銘柄は頼もしい。

スポンサーリンク

個別株のポートフォリオ

1株あたり大体10〜20万円程度で買ったが、はっきり言って適当だ。10万円くらいで合わせて変えばよかったが、欲を出してさらに買い増しした銘柄もある。

ギリアド・サイエンシズ(GILD)はワクチン開発が失敗もしくは限定的な状況を見据えて購入した銘柄で、レムデシビルに頑張ってもらいたい。現時点で薬効がある唯一の治療薬だ。

エマージェント バイオ ソリューションズは、もしもワクチン開発が成功した場合の下請け製造メーカー。米国政府と繋がりがあるらしいので、良い方向に転がる期待を込めて購入した。

キデル(QDEL)はコロナ検査キットを発売しているが、これからも需要があることを見込んで購入したが、天井付近か。

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)は9月にワクチンの臨床実験開始とのことなので、ベビーパウダーの問題はあるようだが、試しに買ってみた。今のところ、あまり値動きはしない。

セクター別ではこのようになった。まあ、随分と偏った結果だが、在宅勤務で伸びそうな銘柄を狙っているので、当たり前か。

購入金額

金額にするとトータルで170万円も買ってしまった。キャッシュポジションを確認しないといけないが、まだ余力はあるので、二番底がきた場合は、予定通りETFを買い増しする予定。

SBI証券損益

まだ一度も売ったことがないので、決算が悪い結果になった個別株は売っていこうかと思う。そもそも業績が伸びると踏んでいる銘柄たちなので、ダメなら次を探す。

個別株全部で-21,508円だが、トータルで+883,363円なので、全く問題ない。
毎日、10万円くらいは変動するが、無感覚になってきたのは、リスク許容度が増えたのだろうか。

SBI証券の表示されている評価損益の日本円表示は、購入した時の為替レートを用いているが、スプレッドシートは購入時はドル転した為替レート、売却時は現時点の為替レートを用いている。

もっと便利でかっこいいスプレッドシートを目指して改善していく予定。
=googlefinance は本当に便利だ。参考に載せておくので、知らない人は活用して欲しい。

正確さの点では、スプレッドシートに軍配が上がるので、これからはいちいち自動ログアウトしてしまうSBI証券のホームページで確認する必要はない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました