クレジットカード不正利用発覚!家計簿の重要性について

クレジットカードお金のはなし

先週は仕事がメチャクチャ忙しかったので、米国株の上昇を喜ぶ暇も余裕もなかったです。土曜日の朝は4連続大幅プラスに加えて洗濯日和なので最高でした。Tです。


スポンサーリンク

不正利用

先週の土曜日は身体が疲れ切っていたので、少し昼寝して夕方からまたテレビを観ながらダラダラしていました。家計簿は気が向いた時につけますが、アプリとかは使用しておらず完全オリジナルです。


ほとんどはコピペですが給料明細の項目全てから手取りまで。これが収入となります。その後に支出の項目には電気代、水道代、インターネット代、ネットフリックスなどの固定費から特別に消費した変動費まで記載していきます。


銀行口座における残高、クレジットカードの引き落とされる予定金額の合計、明細(固定費はカード払い)から次の月分まで記載していきます。米国株のリターン、確定拠出年金、生命保険解約返戻金、退職金・企業年金予定受給額、退職金における予定支払い税金(所得税、住民税)まで全て記録します。


そうすると現在の資産額が全て把握出来ます。最近は米国株の調子が今ひとつなので調子が悪い時にあえて記録しています。ぬか喜びしたくないですからね。家計簿を付けるようになってから無駄なもの(いわゆる価値が無いもの)の支出が減りましたね。


なので、家計簿を付けることはお金持ちへの第一歩だと思います。そして楽天カードで明細チェックしているときにカードの不正利用が発覚しました。「VISA 国内利用 VS APPLE COM BILL」の項目でそれぞれ699円と799円が引き落とし予定になっています。アプリは無料しかダウンロードしていないし明らかに身に覚えがありません。


早速ググると先ずはアップルに電話することを指示しています。アップルに電話したところ、799円は払い戻し可能(正式には48時間後)だが699円の方は不可。理由を聞くと、どうも私のクレジットカードを使ってアップルの異なるアカウントにチャージしたらしい。


何かを買った訳ではないようです。699円の方は使ったみたいでアップルでは返金不可。そもそもクレジットカードは私の名前でそのアカウントは異なる名前のはず。何故紐付け出来るのか聞いたところ、クレジットカードはクレジットカード番号、有効期限、セキュリティーコードの3点で紐付けられるとのことです。


つまり、その犯人は私のカードのその3点の情報を知っていることになります。恐ろし過ぎます。そして払い戻せない699円は楽天カードに電話しなくてはならず、それよりも更に不正利用される可能性があるので直ぐに停止する必要があることに気が付きました。


再発行は一応する予定ですが、プレミアムカードはもう必要無いので、次回更新前には解約予定です。日本に帰国した時にしか受け取り出来ないので、この際、解約してもいいんですけどね。


2枚目の楽天カードを以前作成していたので、固定費引き落としを全てそのカードにしなくてはならないで面倒です。699円という中途半端で少額なのはバレないようにするためなんでしょうね。


マネーリテラシーが高い私にはそんなことは通用しません。しかし、どこで流出したのか…。ということで皆さんお気を付けて。


コメント

タイトルとURLをコピーしました