激ヤバ!?米国株S&P500?

グラフ米国株投資

とにかく仕事のストレスが尋常ではなく、今すぐにでも辞めたい勢いです。理由は色々あるのですが、マレーシアにおける会社の担当者のレベルの低さ、部長クラスの何も知らないのに偉そうな態度など数えればキリがありません。


全てタイと比較してしまいますが、如何にタイが恵まれた環境だったのか分かります。インドネシアにも関連企業はありますが、マレーシアよりもマシです。正直、この国に良いイメージは全くありません。


運転一つとってもストレスが溜まります。日本では比較的安全運転をする方でしたが、マレーシアでは激変しています。頭入れないと合流出来ないし、クラクションを鳴らさないと危なくて仕方ありません。事故らないように気を付けないといけないですね。Tです。


スポンサーリンク

含み損カモーン!

下記が年初来の下落率です。S&P500は20%を超えて下落しています。


そこで思考を変える必要があります。というのは、高値からいくらマイナスになろうが、MyPFが含み益であれば精神的には楽です。そもそも身銭は切っていません。ところが、そろそろ流石に含み損も視野に考える必要があります。


あと13%程度の暴落で含み益バリアが吹き飛びます。それでも保有ETFを売ることはしないでしょう。保有ETFは全て優良なものばかりです。毛色はそれぞれ異なりますが、捨て難いものばかりです。しかもほぼS&P500と同等のパフォーマンスです。


コロナショックが一撃なのに対して、今回の長期間に渡る下落はじわりじわりと苦しめられており、希望もありませんね。リセッションが来るのは間違いないようだと報道されていますが、株価は先に暴落するので、今を耐え抜けば、また上昇していくと思います。


まして、景気が悪化すれば、金融的な緩和もせざるを得ません。2024年4月末に会社を退職するターゲットとしていますので、割と悪いタイミングではないかもしれません。本当に現収入を捨てて無職になれるかは自分自身でも不透明です。


今年に入って資産は駐在ブーストが掛かっている給料を貰っていても、-270万円です。これは給料が減っているのではないのです。幻の含み益が減っているのです。ただ、これが含み損になると話は別なので、思考を変える必要がありすね。


そこで買い増し作戦を決行します。年初来S&P500が-30%付近になる方が含み損になるよりも早いと思いますので、追加で500万円くらい追加投資したいですね。勿論、VTIです。そのような追加投資が来ないことを祈るばかりです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました