インデックス投資は楽

メール米国株投資

個別株は楽しい。爆上げの時はアドレナリン噴出しまくり。でも逆噴射の時はその3倍以上辛い。もう楽なインデックスに心も身体もすっかり慣れてしまったTです。

スポンサーリンク

インデックス投資


本ブログはSBI証券の銘柄のみ言及しているが、実は楽天証券にも米国ETF(正確には投資信託)に投資している。2019年4月頃だったと思う。

つみたてNISA枠と特別口座枠に100%楽天VTI。初めのうちは試し買いして徐々に投資額を増やして行った。数ヶ月は毎日株価の動きというか含み損益が気になりサイトで確認していたが、そのうち見なくなった。

月3、4回の資産チェックの時に確認するだけだ。その内、じっちゃまの影響で個別株に手を出した。その頃は毎日ドキドキハラハラで値動きが気になって仕方なかったが、2020年の上昇相場だったので、それなりに楽しく過ごせたと思う。

でも、これからはそんな楽勝な相場は無いと(勝手に)思っているし、何よりも結局はあまり売買をしない方が資産額拡大には有利に動くと思う。

そしてVTIは0.49%の買付手数料も必要無い。いつもは買った直後はこの手数料の為にマイナススタートしていた。これも精神的に良くない。

ここ最近は本当に楽。VTIが半分以上あるし、ナスダック系ETFの割合が30%、残りはコロナショック大底で買った高配当ETF。

高配当ETFは確かに足を引っ張る時もあるが、まあ、将来の固定費を運んでくれる金のニワトリなので大切にしたい。

VTIとQQQの割合はその人の好みだと思う。QQQを100%でもいいし、VTIを100%でも良い。私の場合は市場平均に勝ちたい理由で30%の割合でQQQとVGTに投資している。

今の所はS&P500にアウトパフォームしているのだから、OKだと思う。税金も手数料も全てコミコミ。当分このスタイルは変えないと思うので、今後どのように資産を増やしていけるのかを注視していきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました