地球経済を牽引しているのはGAFAM!小・中暴落はボーナスチャンス!?

クレジットカード米国株投資

1%程度の下落ですが、3,000ドルの含み益が吹き飛びますが、もう慣れました。Tです。


スポンサーリンク

ナスダックが上昇すると思いきや大幅下落

先ずは、みんな大好きQQQのチャートです。


昨日は特にナスダックが大幅下落。2021/2/16の高値付近でカップの取手ではなく、フライパンの長い取手になりと思いきや、持ちやすそうな特殊な取手?になっています。


上値抵抗線に弾かれたのでさらに下落する可能性があります。去年9月、10月、今年の3月の下落時も50日移動平均線はいとも簡単に下にブレイクアウトしたので、310-320ドル位まで下落するかも知れません。


ど素人の予想なので、話半分以下で聞いて欲しいのですが、要するに心構えと対応方法くらいは考えておきたいということです。そこまで下落したら、ナスダックパニックになると思いますが、当然、追加投資していきます。


QQQは勿論のこと、VGTも買いたいですね。RSIが30~40%の間まで落ちてくると思いますので、気長に待つことにします。


長期スパンでQQQのチャートを見ると、2001年のITバブルから2008年のリーマンショックまでほとんど横ばいですが、その時と現在の状況は明らかに異なります。インターネットが普及し、地球経済をGAFAMが牽引してると言っても過言ではありません。


なので、この珍しい現象は注視しています。下落が続くと怖くなりますが、決算が良かったGAFAMのRSIが30~40で長期に渡りウロウロしていることは考えづらいですからね。


勿論、ポートフォリオの30%程度を占めるナスダック系ETFの大幅下落は含み益を削っていくので悲しいですが、下落しないと上昇しないのが株価です。


異常なほど上昇を続けていく銘柄は必ず、異常なほど下落します。なので下落相場は、「来た、来た、来たー」とチャンスを掴みにいく行動をしたいです。少数派になりましょう。


下落していると言うのは売っぱらっている人たちがいると言うことです。彼らは、日々の経済動向で売り買いしているトレーダーや素人?も多くいます。


ですが、長期で投資するつもりの私たちはこう言う時こそ買い場だと思います。勿論、失敗することもあると思いますが、長期で上昇するであろう銘柄を保有していれば、間違い無く絶好の買い場であることを信じたいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました