爆上げ・爆下げ株の売買への一喜一憂について

雨米国株投資

投資に対するスタイルについて、今回はこのタイトルについて考えてみたい。初心者なのでこの考え通りにならないとは思うし、全く正しいとも思っていない。

スポンサーリンク

売却後、爆上げ

直近の例で言えば、プラグパワー(PLUG)がそれに当たる。公募価格10.25のマイナス0.1した10.24で刺さってしまい、ほぼ損切りでプラグパワー株主人生をわずか3日で終えた。

皆さんに悪いが、公募価格を割り込んで、そのまま下落すれば、まだ悔しい気持ちは無いはずだ。しかし、実際はなんとか踏み止まり、そのままスルスルと株価の上昇が続いている。

毎日、毎日、エントリーしようか悩むが、やっぱり個別株はボラティリティがデカイし、含み損を何ヶ月も抱えるのは精神上、よろしく無い。

しかし、今までのクラウド株が逆におかしな状況なのである。買ってわずか数ヶ月で+50%付近がゴロゴロいる状況が、当たり前と思うほど、甘く無いんだろう。分かってはいるが・・・

しかも、決算が良かった銘柄を短期目線で見ることへの「愚かさ」をじっちゃまはツイートしているが、やっぱり毎日自分のポートフォリオをチェックするし、含み損が膨らんでいく辛さもある。だからこそ、慎重に銘柄を選んで、半分になってもいい覚悟があるかを自分に問い詰める必要がある。

これが、20万円投資で10万円程度の含み損でも厳しいのであることに気がついた。なので、投機的側面がある銘柄(例えば、昨日のロケットカンパニーズ(RKT)などは私にとってはそれに当たる)は10万円程度であれば問題ない。

話をプラグパワー(PLUG)に戻すが、この銘柄に今飛び乗ったらどうなるか。今までの経験上、下落していく場面があるはずで、クラウド株の様に、なんのストレスもなく、スルスルと上昇していくはずがない。例え、じっちゃまの厳選株だとしても、もう、その考えはやめた方がいいし、まして、師匠への恨み節などもってのほかだ。

じっちゃまはビジネスでやっている訳ではないし、恐らく小遣い稼ぎ程度と考えているのか、本意は見えないが、そこまで責任というか文句を垂れられる筋合いはないということだ。

ただ、愚痴ツイートしたりするのはやっぱり人間だし、初心者の視点からはこのような経験をし、もう少ししたら下落場面にも耐えられる個人投資家になりたい。

正直、このままポートフォリオが、(かなりの差はある)QQQよりも最低限のS&P500よりも悪い状態が続くようなら、さっさと勝っているうちに個別株を全解消するのも一つの手ではないかと思い始めてきた。

私はまだ、ここまで運がいい。ナンピン買いしたETF(VTI、SPYD、HDV、VYM)は極端だが、一生売らないであろうし、なによりもトータルで含み益。

だから、フェラーリに乗る技術がないと自覚しているが、購入してしまった。もう少しだけ、頑張って耐えていれば、遠くない未来に大騒ぎしている自分がいると確信したい。

まあ、もうすでにズームインフォ(ZI)もロイヤルティファーマ(RPRX)も、80万円分を回収して、20万円の投資に減らすことが、決定している。なによりも決算が良かったので、すぐではないにしても必ず含み益ポイントまで上がるはず。

ま、その資金はQQQに移行されるのは間違いない。ARK社のETFがSBI証券で取り扱っていれば、投資額に気をつけて投資したいが、今の所は扱いがないのでQQQに稼いで貰いたい。

買いそびれで爆下げ

逆のバージョンの爆下げした時に買っていなかった場合というのは、気付かない可能性が高い。

いや、気付いたとしても、「あー、買っていなくて良かった」と大して気にもせず、骨身に染みない。

作ろうと思えば、「もしも買っていたら、その後どうなっていたか」というシミュレーションをスプレッドシートで作成することは容易いが、爆上げしたら損を感じ、爆下げしたら、大して気にも留めないことが目に見えるのでやめている。

結局はツイッターで落ち込んだり、騒いだりするのは仕方がないにしても、恨むような態度は絶対にやめるべきだし、そういう人は投資をやめたほうがいいと思う。なんて、偉そうなことを言っているが、初心者の戯言ということで聞き流して貰いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました