まさにじっちゃま推薦のギャンブル銘柄2選を買ってみた

山米国株投資

これまでじっちゃまはリモートワーク関連か新型コロナ関連の銘柄を進めてきたのだが、つい先日ギャンブル銘柄を突如紹介した。

全く買う気はなかった。しかし、初期の段階でリモートワーク関連か新型コロナ関連の銘柄を買っていたら含み益がすごいことになっていたことを思うと、少しであれば遊び感覚で買ってもイイかという軽いノリである。

スポンサーリンク

ドラフトキングス(DKNG)

簡単にいうとeスポーツやオンラインカジノを提供している企業。新型コロナの影響で自宅で手軽にギャンブルが出来るということだ。

株価のチャートを見ると3/23の大底も急落しているが、チャートだと大したことがない感じなので計算してみたが、34%程度大暴落している。

そこからは、クラウド株のようにスルスル上がってきている。

決算を確認してみる。

2020 Q1の決算のみだが、EPSも売上高もコンセンサス予想を下回っているのには笑えた。よく分からないが、長期保有出来るか心配(笑)

ちなみにホームページに行こうかと思ったら、アクセス制限に引っかかってしまった。タイはギャンブルは禁止なので、納得。

気になる方は、じっちゃまの記事を読んだ方が手っ取り早い(笑)

米国株「ドラフトキングス」の業績や将来性を解説!「オンライン・カジノ」や「スポーツ・ベットティング」など、世界のオンライン賭博市場は年率10%で成長中!
米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが注目の米国株「ドラフトキングス」を解説! ドラフトキングス(ティッカーシンボル:DKNG)は「ファンタジー・スポーツ」「スポーツ・ベッティング」「オンライン・カジノ」という3つのサービスを提供しているモバイル・アプリ企業です。ファンタジー・スポーツとは、スポーツファンがナショナル・フッ...

ガン(GAN)

こちらもオンラインカジノやくじを提供しているソフトウェア企業。この銘柄はじっちゃまがツイートした時にあったような気がする。

ニュースやツイートなどで気になる銘柄はメモっておいて、あとで調べる感じだが、最近は節操なく増え続けているので少し大人しくしたいと思っている。

当然ながら、ホームページにはアクセスができない。

では、株価チャートをみてみよう。

5月からしかチャートがないのは、まだIPOしたばっかりのようだ。値動きが激しそう。昨日(2020/7/1)も前日比;+8.25%だったようだ。

すでに保有しているので調べてみたが、日本円で10万円くらいなので7千円程度の含み益だった。もっと強烈な銘柄があるので、全然気にならない(笑)

念のため、決算を確認してみるが。。。

売上高がコンセンサス予想を下回っている。。。

個人的に学生の頃にパチンコ、パチスロ全盛期であり、バイトで稼いだ金をその日になくなったことなんて日常茶飯事だ。

会社に入って、たまたまパチスロの4号機時代だったので、少し目押し(リールをみて狙って押せること)出来たので、まあそこそこ稼いだ。

マイナーなパチスロの雑誌にも掲載されたことがあるのは良い思い出だ。

なので、ギャンブルは大好きであるが、この2銘柄に投資するのはそういうギャンブラーから金を吸い上げている感があるのは否めない。

でも、それはあくまで含み益の場合だけであり、含み損の時は自分自身がギャンブラーと化して、お金を吸い取られないように気をつけたいものだ。

注)単位はドル

コメント

タイトルとURLをコピーしました