親ガチャについて

磁石社会・トレンド

日本一時滞在も今日で終わりです。久しぶりに家族と生活しましたが、私がいない生活が成り立っている様で少し寂しさがあります。昨日なんて「いちいちうるさい。」(←要約)と言われましたからね。次に日本に来るのは3回目のブースター接種の時にしたいです。Tです。


スポンサーリンク

ガチャガチャ

最近、親ガチャという言葉を目にします。イマイチ意味が分からないのですが、ガチャというのは子供の頃からある100円とか入れてガチャガチャっいう音とともにレバーを回したら、中から色々なものが入ったカプセルが出てくるやつですね。


子供は親を選ぶことが出来ず、親や境遇は運任せという意味の様です。これは否定出来ないと思いますね。あまり言いたくありませんが、私の父親は決して尊敬されるべき人間ではありませんでした。中学生から父親が他界するまでの15年間は地獄でしたね。


それでも、中学1年生の1学期に2(5段階)が5個あったのに強制的に勉強をさせてなんとか浪人を経て2,3流の大学に行かせてくれたことに対しては感謝しています。


あの父親でなかったなら、間違いなく高卒で就職していたと思います。勿論、学歴が全てではありませんが、無いよりはあったほうが選択肢が広がります。


それでも、サラリーマン人生が良かったのかは全く分かりませんが、自分で選んだ道ですからね。ただ、世の中、全て境遇や親のせいにして何も行動しない人ばかりでは無いということです。


昔と違って自分が目標としていることに対して色々なアプローチをインターネット検索で知ることが出来ます。給料が安いのであれば転職をすれば良いし、思い切って海外で働くことだって可能です。


私が嫌なのは何も調べず何も行動もしないで誰か他人のせいにすることです。上を見ればキリがありません。そんなことは誰もが分かっているはずです。


「親ガチャ」とかいう言葉で自分の境遇を嘆くのではなく、出来る範囲で頑張ることが一度きりの人生を豊かにしてくれるはずです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました