決算至上主義崩壊!

車米国株投資

一度は手数料込みの含み益ギリギリ逆指値をクラウド株全てに入れたものの、本日、トランプ大統領がオペレーションワープスピードについて進捗状況を発表するということで、大幅下落。かつ、じっちゃまのYouTubeライブでの発言、下記ツイートから全降りした。

President Trump Delivers an Update on Operation Warp Speed

米大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領の勝利が確実になってから初めて公の場で発言し、米製薬大手ファイザーPFE.Nのコロナワクチンが「かなりすぐに」緊急使用承認されるだろうと述べた。

https://jp.reuters.com/article/usa-trump-vaccine-idJPKBN27T2ZJ

この通りにいくとは限らない。しかし、FDAも当然データを吟味してるはずなので、来週にファイザーが緊急使用承認を申請したら、1、2週間後には承認されると期待される。

スポンサーリンク

個別株

個別株は今更だが、非常に難しい。特に新型コロナワクチンのパンデミック下で躍進したクラウド銘柄。決算至上主義を貫きたかった。でも、そろそろ潮時。今、握っていられても、いつかは手放す運命。

だったら、今少し凹んだ状況で手放すことを選択した。昨日から4連休だったので、大引け1時間前に目覚めてしまったのも、後押し。

含み益

5月中旬から6月初旬に買い漁り、個別株を減らす時にも勝ち残ったクラウド5銘柄。含み益を公開。右の列は今週のリターン%。(間違っていたので訂正)ガッツリ-2340.10ドル削り取られた。それでも左の列のトータルのリターンで5973.34ドルあるので十分。

約半年でこの含み益は十分。決算がピカピカの銘柄なので、今後も上昇すると思う。勿論下落も。でも、不安に思う時点で負けなんだと思う。16,000ドルの売却益はETFを2、3回に分けてVTIでも買い漁るつもり。

来週はいよいよバイオンテックがFDAに申請。順当にいけば承認されると思う。S&P500がベストだと思う。計画通り比重をさらに高めていく。

ポートフォリオ

これでETFの比率が約95%。個別株はバイオンテック(BNTX)、モデルナ(MRNA)、ギリアド(GILD)、テスラ(TSLA)、エヌビディア(NVDA)、ユニティ(U)、バークレーライツ(BLI)のみ。

ギリアドは売却タイミングを逸した。バイオンテック、モデルナは成功しても失敗してもその時点で売却予定。ワクチン成功した場合、プレで噴き上がって駄々下がりするので、売却タイミングが難しい。ワクチン失敗の場合はプレで駄々下がり、オープン後少し落ち着いてから売却。

残りは放置。気にしない。売ってもいいけど、IPO株中心で遊ぶ枠にしてもいいかもしれない。いずれにしても、大部分がETFになってすっきり。

今週はこんな状況でもなんとか含み益が出ているので、安定したポートフォリオに向けて前進のみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました