さようなら、じっちゃま

鍵米国株投資

土日は大好きな麺類探しの旅に出ています。そろそろ範囲をもう少し広げないといけないかもしれないですね。。ガソリン代も高速代も会社持ちなのでラッキーです。まあ自腹なら引きこもり確定でしょうけど(笑)Tです。


スポンサーリンク

2020年、2021年

2020年、2021年は誰でも勝てる相場でした。それでも軟調相場の時期はありましたが、2か月程度でまた上昇基調。毎日資産が増えていくのでハッピーでしたね。


それが2022年に入ると雲行きが怪しくなり2月も終わろうとしていますが、下落しては少し上昇し、また下落。。。ウクライナ情勢も長引きそうな気配だし、3月はいよいよ利上げでインフレ抑制。。金融引き締め(QT)も待ち構えているので、もうダメですね。。


そんな中、じっちゃまは個別株で戦えと言っております。すでにブログのタイトルは完全無視で「言う通り」には実践していません。早々と才能も努力もする気がないのでETFへ変更しています。


しかもVTIは53%程度です。QQQ+VGTを30%組み込むことにより、S&P500をアウトパフォームしようという浅はかなど素人考えなど通用する訳もなく。。。ただ超ラッキーなことに16%程度組み込んでいる高配当ETFが年初来ほぼプラスマイナスゼロ付近なんです。


S&P500なんて-10%程度だしNASDAQなんて-15%なのにも関わらずです。元々高配当を出す銘柄はバリュー株が基本なのでラッキーでしたね。なので、S&P500とパフォーマンスがほぼ同等なんです。


個別株は楽しいとは思いますが、やっぱり勝てないとツマラナイですよね。適当に寄せ集めたポートフォリオを作ったってS&P500に勝てるわけありません。まして運よく利確出来たところで20.315%もの税金が自動的に徴収されるのですよ?


きちんと加味しているのかはなはだ疑問です。個別株をするにあたっての出費、例えば書籍代、セミナー代、投げ銭なども計算に入れるべきです。そのくらいシビアにチェックして継続的にS&P500に勝てるのであれば、おめでとうございます。あなたはごく一部の天才です。


ここ最近はあまり観てはいなかったもののじっちゃまのYouTubeがおむすびチャンネルとやらにお引越しされます。月額750円?なんて私が払うわけもなく、誰かが要約したものをツイートするはずなのでそれを見ることにします。


そもそもじっちゃまの情報はポートフォリオには何の影響も及ぼさないのです。単純にエンタメとして捉えています。モーサテと一緒ですね。じっちゃまの米国株の情勢は頻繁ではないですが他でもたまにあるのでそれでOKだと思います。


とにかくお金を払ってパフォーマンスが変わらなければ意味がないので、その分おいしいものでも食べた方が有意義だと思います。楽しい交流が出来ると良いですね。。。さようなら。


コメント

タイトルとURLをコピーしました