さよなら、スマートシート(SMAR)。短い間、ありがとう。

バンドエイド米国株投資
スポンサーリンク

背景

6/2に購入したスマートシートと別れを告げた。WCLD(日本では購入できないETF)で過去決算が全て良かったもので現在の状況にあっている強い銘柄を選び、かつ決算が近いものを選んだ。

詳しくは、以下のリンク先を確認して欲しい。笑えるので(笑)

ホームページを見たり、色々調べた結果のコメントが以下。

「クラウドベースで組織内の業務遂行のためのプラットフォームを提供。ここ最近はこのようなものが多くて差別化ができるのか疑問。」

なら、買うんじゃねーーーーー。

決算結果

Q1 2021のEPS/売上高の結果はコンセンサス予想を上回っています。

Q2 2021のEPS/売上高はコンセンサス予想を下回っている。

FY2021のEPS/売上高はコンセンサス予想を下回っている。

売り注文

速攻で、全持ち株売り注文しています。

プレマーケットでは-23.4%

18株しか持っていないので、シミュレーションしたら、-25000円程度。

やっぱり、同じクラウド系の銘柄でも、よく業務を確認してこれからも継続して業績が右肩上がりになりそうか、しっかり確認しないといけない。

Yahoo Finance! の企業説明が比較的分かりやすいので、投資するからにはきちんと調べていかないとだめですね。

そんな感じで買った銘柄のクーパ ソフトウエア(COUP)。

2020年6月8日が決算日なので、注目したいが、決算が悪かったら当然株価下落なので、また速攻で売ることになるのだろう。

クラウド・ベースで経費管理プラットフォームを提供する企業なので、どうなんだろうか・・・すでに1株が224ドルもする。

ホームページのセンスが良かったくらいしか印象がない。

乞うご期待。

コメント

タイトルとURLをコピーしました