握力について

フランケンシュタイン米国株投資

今日は握力について今までの経験から書きなぐりたいと思う。

スポンサーリンク

握力

耐えきれずに損切りもしくは止む無く利食いした銘柄は数知れず。そして、その銘柄たちはその後必ず暴騰。やっぱり市場平均のS&P500やナスダック連動のQQQに対してアンダーパフォームしているポートフォリオは耐えきれなかったし、個別株の乱高下は精神的に疲れるということが分かった。


だったら、VTIやQQQの比率を高めたほうがより近づけるし、それ以外で個別株や良さそうなETFを買ったほうが楽しめる。結局、今上昇している手放した個別株が、今後も永遠に上昇はありえないし、やがてボックス相場ならまだしも、下落トレンドになるかもしれない。

まあ、クラウドフレア(NET)、トゥイリオ(TWLO)、ファストリー(FSLY)、トレードデスク(TTD)、オクタ(OKTA)、ズームインフォ(ZI)、ロイヤルティーファーマ(RORX)はすべて保有していたのだから、これでは勝てない。

分散しすぎだし、そもそも管理というか思考が及ばない。いまだにこれらのチャートは毎日眺めているけど、未練たらしい思いからではなく、元カノは今どうしているかな?っという感じ。それと、クラウド銘柄はその時はウダウダしており、トータルリターンの悪い順にサヨナラしていったので、決算至上主義と反している。

要するに、二股、三股、四股・・・と付き合うのにはどこかで限界があるということが分かった(笑)それと、ズームインフォ(ZI)とロイヤルティーファーマ(RPRX)は何度も書いているが、リスク許容度をオーバーしており、含み損に耐えられなかった。

それを生かして、じっちゃま推薦のIPO株は、低いところで買うようにしたし、投資額は1,000ドルまでとした。これらの経緯を踏まえて、握力を強めにするためにはどうすれば良いかということだが、リスク許容度の範囲で自分が信じきれるもののみ。

個人的には個別株を厳選する力はないし、勉強するつもりもない。なので、人気のETFであれば、毎日市場平均と比較して握力を強めにすることが出来る。それか、都合の良い話だが、個別株の場合は、勿論、人気がある銘柄に限る。下の方で買えばその後は上に上がる可能性もあるし、そのときは売却手数料と税金込みで含み益ギリギリで売りの逆指値を入れている。

多少上がったり下がったりしても、絶対に負けることはないのだから、安心して見ていられるし、刺さった場合は縁がなかったということで諦められる。このケースはとてもレアだが、現状だとテスラ(TSLA)、エヌビディア(NVDA)、エマージェント(EBS)、バークレーライツ(BLI)、ユニティー(U)。

どれもこれもかなりの乱高下はするが、逆指値に刺さるまでは15%から30%まで余裕がある。こういう手で握力を強めにすることは邪道(笑)だが、最近は手放した銘柄はないし、自分が求める安定的なパフォーマンスのポートフォリオは心地よい。

それと、ポートフォリオの含み益記録更新まで3,900ドル。+2.3%で達成出来るので、まだまだ安心は出来ないが、波のウチギワのように株価が上がったり下がったりすることにあまり動じないように、握力強めで行きたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました