支出の最適化をするためにはどうすればいいのか

梅お金のはなし

収入は限られていますので、最終的に余剰資金を投資に回すためには、支出を制限することが大切です。なんて偉そうなこと言っていますが、日本にいた時はここには書けないほど散財しまくっていました。Tです。


スポンサーリンク

支出とは

先ず、支出について考えてみます。大きく分けて2つに分類出来ると思います。一つ目は生活に必要なもの。水道光熱費、家賃、通信費など。二つ目は生活には必要ないもの。単純にこの二つに分類出来ます。


支出を最適化するということ

二つに分類したそれぞれについて最適化することを考える必要があります。生活に必要なものは最適化出来ないと思いがちですが、カード引き落としにしてポイントを毎月自動で得ることも出来ます。


携帯電話を楽天モバイルや格安シム、生命保険を必要最低限の掛け捨てにするなど、有名どころは沢山あります。「両学長 固定費見直し」で検索しましょう。一度設定するだけでかなり破壊力があります。


次に生活には必要が無いものです。個人的にはこの分類に属するものをどのように最適するかが難しいと思います。例えば、金曜日の帰りに「コンビニでビールとおつまみ」は生活には必要が無いですよね。


でも、1週間頑張って働いたんだから、たまには…となりますよね。また、趣味に費やすお金はどうでしょうか。全て少し幸せになるものですよね。その時に考えるべきことは、全て止めることは基本無理です。誰もが守銭奴にはなれません。


なので、本当にそれが自分にとって価値があるかを考えるようにしています。全て自分が思うようにお金を使っていたら、投資に回すお金が無くなります。


余剰資金をS&P500インデックスに投資しましょう

少しでも支出を最適化したら、S&P500インデックスETFに投資しましょう。VOOやVTIのどちらかにするかは好みですね。投資タイミングによりますが、お金がお金を産むという体験をすることが大切です。


投資額が少ない最初のうちはあまり実感出来ないと思いますが、段々と投資額が増えてくるに従って、残業代くらいにはなると思います。


そうなると、さらに投資額を増やしたくなります。そのためには手っ取り早く支出を最適化(制限)して、ETFを買うことの方へ購買意欲が向かいます。恐らく、投資額が大きい人はこの良い?サイクルに陥っています。


おまけ

タイに5年、いまマレーシア在住5ヶ月が経とうとしています。海外に住んでいると、購買意欲は無くなります。というか、日本のように美味しいものは少ないし、買いたいものも制限されます。


日本のものもありますが、かなり割高なので購買意欲が無くなります。この値段で買う価値は無いと判断してしまうのです。だから、私の場合はかなり特殊です。


日本に帰国したら同じ生活は出来ないでしょう。誘惑が多すぎます。でも、先程言及したサイクルは完成していますので、今後も資産が増加することは(米国経済が拡大する限り)確約されていると思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました