ICLNの不調の原因は?

傘米国株投資

ICLNが不調なので、どうしたって気になって仕方がない。ツイッターを見ていると売却した人もいる様だ。ここ最近インした人は間違いなく含み損なので耐えられなくなったのだろう。含み益の状態でさえも売却したくて仕方なくなる。。。

スポンサーリンク

ICLN

先ずはチャートを見てみよう。1/6,7と窓あけてトータル13.6%も上昇し、1/8の最高値34.25ドルを付けてから、下落。徐々に上値が切り下がっているので、かなり危うい感じだ。しかも50日移動平均線が迫ってきているのも悪材料。

そもそも、チャート分析というのはそれこそ過去のチャートからの予想であってその通りになるとは限らない。でも大多数がその様に予想するのであれば、その通りになるという風に認識している。

テーマ型のETFなので、いつまでも保有してはダメだと分かっているが、いつ売却するのかタイミングが分からない。そこで、含み損益のチャートを作成してみた。

当たり前だが、株価のチャートとそっくりだ(笑)。ただ、縦軸が含み損益なので、生々しい。15,000ドルの含み益を攻防しているのが分かる。5ヶ月で15,000ドルなので月々3,000ドルなので十分。

何か原因があれば良いのだが、ETFなのでそれに含まれている個別株のリターンに依存されるのか、それともそのETFの人気なのか・・・正直よく分からない。

そこで、組み込まれている個別株のチャートをみてみよう。上位5銘柄も見れば十分か。

プラグパワー(PLUG)

先ずは、超有名プラグパワー(PLUG)。随分前にじっちゃま推薦銘柄だったので誰でも知っている銘柄。企業概要を一応チェックしてみる。

プラグ・パワーは米国の燃料電池メーカー。産業機器や発電装置用の燃料電池の開発と製造に従事。主要製品は、フォークリフトや無人搬送車などの産業機器向けの液体水素燃料PEM「ジェンドライブ」、固定・無線通信向け天然ガス・液化石油ガス燃料発電装置「ジェンシス」、企業・政府機関向けバックアップ電力用液体水素燃料PEM「ジェンコア」など。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/detail/PLUG

サイトに下図が乗っていたが、色んなものに燃料電池が搭載される様ですね。固定電池とかの開発をしていれば嬉しいのですが・・・

チャート見ると、3,4日でダブルバガーとか急上昇しすぎだと思う。なので、ボックス相場になっていますね。ここ最近だとエヌビディア(NVDA)の様な感じ。

エンフェーズエナジー(ENPH)

全く知らない銘柄なので、いつものヤフーファイナンス(日本)で調べてみた。マイクロインバーターってなんでしょうか(笑)

エンフェーズ・エナジーは、ソーラー産業用のマイクロインバータ技術を提供する米国企業。システムの稼働時間と信頼性を向上させ、火災安全リスクを軽減し、知的エネルギー管理のためのプラットフォームを提供する。マイクロインバータ・システムは、個々の太陽電池モジュール・レベルでエネルギーを変換して、高度な技術的アプローチをもたらす。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/detail/ENPH

ググったら、出てきました。マイクロインバーター。簡単にいうと。発電効率を上げるものですね。。難しく言えませんが(笑)

マイクロインバーターは出力の最適化からDC-AC変換までを各パネルで実行するための機器で、既存の集中型パワーコンディショナーに代わる役割があります。 マイクロインバーターの大きさは20cm角ほどです。 これをモジュールごとに取り付けます。 こうして太陽電池パネルからその場で交流を取り出します。

https://blog.eco-megane.jp/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC/#:~:text=%E7%B4%B9%E4%BB%8B%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82-,%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%AF,%E3%81%A7%E4%BA%A4%E6%B5%81%E3%82%92%E5%8F%96%E3%82%8A%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

チャートを見ると、エンフェーズエナジーもボックス相場ですね。最高値を超えたら上昇トレンド入りしそうで期待できるチャートの様な感じがします。素人的な考えですが・・・

DAQO ニューエナジー

こちらも全く知らないので、調べてみた。ポリシリコン?なんですか、それ?ソーラーパワー製品メーカーに販売してる様ですね。

DAQOニュー・エナジーは、中国のポリシリコンメーカー。化学的蒸気凝結プロセス、または「修正されたシーメンス・プロセス」を利用し、ポリシリコンを製造する。クローズループシステムを取り入れることで、コスト効率良く、高品質なポリシリコンが可能となる。同社は高品質なポリシリコンをソーラーパワー製品メーカーなどに販売する。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/detail/DQ

サイトで探したら、ポリシリコンの写真発見。少し調べたら太陽電池に使われる材料の様ですね。しかし、知らない分野はとことん知らないですね。でも調べると少し面白い。

チャートを見ると、ボラティリティーが激しいですね。でも、上昇しては下降しての繰り返しで、トータルで上昇している感じですね。

フェアブント(VER)

オーストリアの電気会社のですね。太陽光発電所の建設・運営・メンテナンスをしている様なので、ICLNに組み込まれているのですね。

フェアブント(Verbund AG)はオーストリアの電気会社である。【事業内容】同社は、電力取引におけるバイヤー、トレーダー、エネルギー供給会社、事業会社、家庭や商業顧客向け電気エネルギーを生成・取引・販売する。同社は電気、グリッド及び資本持分という3部門を有する。電気部門は水文発電所、火力発電所、太陽光発電所や風力発電所の建設・運営・メンテナンスを行う。グリッド部門はAustrian Power Grid AG、長さ3500キロの送電網を介して運営する。資本持分部門は、同社がイタリア、フランス、トルコ、アルバニアを中心にした外国株式、並びに国内株式に対する投資を含む

https://jp.reuters.com/companies/VERB.VI

チャートを見ると、ずっとボックス相場ですね。。。。。下落相場ではないので特に不安はないですが、上にブレイクアウトしたら一気にいきそう。

オーマットテクノロジーズ(ORA)

地熱発電事業??

オーマット・テクノロジーズは、米国の持株会社。子会社を通し、地熱発電事業に従事。事業は2部門で構成。電力部門では、米国や他国で地熱発電所を開発、建設、所有、運営し、電力を生産、販売する。製品部門では、地熱発電所向けの電源ユニットやその他の機器を設計、製造、販売する。本社はネバダ州レノ。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/detail/ORA

世界で日本は地熱資源量としては第3位なのに、地熱発電設備の容量としては第7位なのは、政策的なところもあるのですかね。。。しかし、アメリカは色んな分野で強い。この分野ではダントツNO1です。

この地図も興味深い。火山の地熱を使ってエネルギー化しているってことなんですね・・・でも、地震も多い地域ですね。インドネシアとか日本とか・・・

チャートを見ると、個別株であれば絶対に投資しないチャートですね。ICLN組み込み比率第5位ですので、とても重要です。バイデン政権の政策に期待ですね。

まとめ

元々、このチャートをみて分かる通り、数年単位でズルズル相場。ほんのここ最近で急上昇していることが分かる。なので、あまり過度の期待はしない方が良い。あくまで、バイデン政権への期待から急上昇しているのは明らか。

パフォーマンスをみても、顕著に現れていますね。いつも考えますが、環境問題は年々重要かつ議題に上がります。でも、やはり政府の後押しがなければ難しい問題。資金がなければ、コスト負けしてしまいますからね。

ここ最近の不調は組み込まれている個別株も不調なので仕方ない。流行りものなので、ある程度の売りは仕方ない。そのうち、良いニュースでも出ると思う。まだリターンは78.5%もあるので、まだしばらくは様子見しかない。含み損であれば売却しちゃうかもしれませんが・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました