米国株式投資のパワー・・・もしも投資をしていなかったら

テントお金のはなし

しかしインドネシアは問題だらけで嫌になります。上司のサポートなのにこの上司が役に立たない。的確な指示もしないし、先を見据える力が無い。時間にルーズな人種(日本人では無い)ので仕方ないですが、色々厄介なんですよね。


「仕事をしない」ことで有名なんですが、変なところでプライドを持っていないでちゃんと仕事して欲しい。しかしここ最近はストレスマックスなので、早く会社を辞めないと早死にしてしまいます。Tです。


スポンサーリンク

もしも投資をしていなかったのなら・・・

家計簿というのは資産を築く上でとても重要です。最低月に一回は収入と支出をチェックすることで資産増加を肌で感じることが出来ます。


減少している時は悲しいのでささっとアップデートしたら忘れることにしています。その家計簿で米国株式投資を含めない場合と含める場合で毎月の資産増減額を計算していますが、グラフ化してみました。


赤色が米国株式投資を含まない資産の推移です。青色が株式投資込みです。


当然、2020年のコロナショック後から2021年11月25日時点では米国株式の調子がすこぶる良かったので、物凄い結果になっています。あらためてグラフ化すると正直びっくりです。


単純にお金がお金を稼いでいる状態です。今後はここまでの結果にならなくとも、通常の会社員としての収入に上乗せされることは間違いありません。


2022年はテーパリング、利上げと金融相場から業績相場に移行します。厳しい年になるかも知れませんが、長期投資戦略を忘れないで無駄な売り買いはしないように耐え抜きたいと思います。


現金保有額

暇なので現金の推移もグラフ化してみました。


毎月10万円の積み立て投資以外は全てストップしています。本来であれば現金は必要最低限のみ確保して、残りは株式投資すべきだとは思っています。だだその分リスクがどうしても上がってしまいます。


最終目標は2,3年後に思い切ってFIREすることにスイッチしています。その2,3年の間に大暴落が来ないとも言えません。その時に資産の大部分を株式投資していた場合、数年間は確実にFIREが遠のく訳です。


勿論、逆に早まる可能性もあるのですが、心の準備として2年は必要だと思っています。なので、ちょうど良い感じの株式投資と現金の比率としています。


株式投資は勝手に増えていくと思いますし、現金も収入-支出がそのまま増えていきます。そのダブルの効果が先ほどのグラフで可視化出来たと思います。


正直焦る気持ちを抑えることが出来なくなっていますが、本格的に資産を築き始めてからまだ4年。ここまで資産を増やせたのも奇跡に近いと思っています。もう少しだけ妄想しながらFIREを目指したいと思います。




コメント

タイトルとURLをコピーしました