S&P500( VTI )と共に資産を増やす

カート米国株投資

マレーシア政府がロックダウンを延長したおかげで、仕事上、色々問題が発生。1日の感染者が20Kを超えてもロックダウンしないインドネシアは異常だが、同じ東南アジアでも対応が異なるのは国柄なのだろう。ロックダウンが延長されて内心は喜んでいるローカルが目に浮かびます。Tです。


スポンサーリンク

高値更新

先週の金曜日はVTIが高値更新したので、我がポートフォリオも当然リターン最高額を更新しました。これを書いているのは月曜日(6/28)のプレマーケットの時間帯ですが、ナスダックが強い感じを醸し出しています。


DOW < S&P500 < NASDAQはリターンがS&P500を上回るパターン。2020年はこのパターンがかなり多かった印象です。米国債10年利回りが1.5%と以前よりは下がっており安定しているので、グロース株のターンらしいです。


でも、S&P500を上回るパフォーマンスで無ければ、QQQやVGTに投資する意味が無いんですよね。これから投資する人はVTIのみがベストです。つまり、米国経済の市場平均に身を委ねる訳ですから、ある期間マイナスの状態でも諦めが付きます。


一部の才能がある人はどんどん頑張って資産を増やせば良いですが、私の様など素人は2020年の誰でも儲かる相場は諦めて素直にVTI積み立て&放置が良いです。小難しい本読んで勉強しなくても、YouTubeでお金出さなくても十分のリターンを得ることが(ほぼ)約束されています。


まあ、個別株を買ってたまたま上昇してもすぐに下落して含み損地獄に陥るだけです。ど素人は売り時が分からないですからね。「バフェット S&P500」でググれば、このS&P500が非常に素晴らしいETFであることは理解出来ると思います。


大部分の人はこのことを理解していますが、それだと証券会社の人は食いっぱぐれますし、一部のブログやYouTuberの人も稼げないですからね。日々の米国経済の動向はネタとして尽きることがないですから(笑)


私はそこまで知識は無いので、その様な情報発信は出来ないです。ポートフォリオと投資額や資産を公開しているのは、単なる忘備録です。


米国株式投資を歩んだ道をあとで振り返ることが出来ますし、資産が増えていくのをブログを通して楽しんでいます。たまにを吐くのもストレス発散になりますしね。


先日、病気になった時もわざわざコメントで教えてくださった親切な人がいました。それだけでもブログを書いて来て良かったと思います。サーバー代にもならない収益ですが、これからもインデックス投資最強を普及するブログとして続ける所存です。


両学長もVTIをお勧めしています。社会人1年生は絶対に読むべき本です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました