「インデックス投資でFIREが可能か」をシミュレーションしてみました

鉛筆社会・トレンド

20代・30代の頃を振り返るとFIREどころかではなかった。休日は家族との時間も顧みず、パチスロ三昧。高設定を掴んだ日は昼も夜も食べないで、13-14時間ひたすらスロットを回し続けた。正直言って肉体労働ですが、財布がパンパンになっていくのは楽しかったです。Tです。


スポンサーリンク

私の20代〜

正確な給料は覚えていませんが、一部上場企業の中では若干低い方だったと思います。結婚するまでの数年間で貰った給料は財形貯蓄で強制的に貯金以外は、車のローン、デート代、パチスロ代でほぼ消えて無くなっていました。


勿論、生活費もありましたが、食事代くらいなものです。結婚してからは念願のマイホームの頭金1千万円を貯めるのが精一杯。5千万円のマイホームを無謀にも買い、ローン地獄10年間。金利が2.75%固定だったので、今思えば、借り換えした方が良かったと思うのですが、ひたすら繰り上げ返済していました。


ローン完済したのは2018年4月なので、まだ3年前の出来事なんですね。日本にいた時から、とある事情により給料が爆上げ、海外赴任はご存知の通り、ボーナスタイム点灯中です。それとコロナショックでのナンピン成功とタイミングが良すぎました。


あと、3年間海外駐在することが出来れば、資産1億円達成し、FIRE可能です。あくまで見込みですが。


インデックス投資でFIREは可能か?

本題に入りますが、手堅いインデックス投資でFIREは可能なのでしょうか。理論的には可能だと思いますが、やはり入金力が大切ですね。私が個別株をやめたのも入金力が上がってきたので、わざわざリスクを上げる必要が無いと判断したからです。


インデックス投資でさえもミドルリスク・ミドルリターンです。40%以上の大暴落を覚悟する必要あります。そして、株価が戻るまで最長5年。何より、戻る保障はどこにもありません。それでもリターンはたったの年7-8%です。


日本に住んでいる限り、インフレは今の所考える必要は無いですが、リターン平均4-5%程度で考えた方が良いかも知れませんね。積み立て設定のシミュレーションはある程度の目安にはなりますが、毎月の積み立て額を変更出来ないのですよね。なので、暇なのでスプレッドシートで計算してみました。


1.平均年収は20代が348万円、30代が444万円、40代が510万円、50代が613万円です。

2.貯蓄率は10%、インデックス投資のリターンは4%としました。

48歳の時にやっと2千万円を超え、54歳の時に3千万円を超え、59歳で4千万円を超えました。退職金もあるので、老後の心配は無さそうですね。でも、FIREするのが目的です。48歳にしてやっと投資額が2千万円なので、リターンは年間80万円、月6.7万円です。


生活するにはかなり困難です。この条件ではほぼ不可能です。なので、貯蓄率というか投資率を10%ずつ上げてみました。生活費はそれぞれ異なると思いますのでその辺も考慮してみました。


個人的に毎月の生活費は20万円は欲しいですよね。リターンは4%にしていますが、所得税・住民税は合わせて20.315%です。きちんと確定申告すれば外国税額控除が適用されますし、ほかに稼ぎがなければ所得税は還付されます。


住民税については申告不要届けを出しておいた方がベターですが、色んなパターンがありますのでかなり難しいです。興味がある人はググってみてください。


給与から40%以上は投資に回して、ようやく40歳過ぎからFIRE出来そうな雰囲気ですね。でも、年代別の給料は手取りでは無いので、さらに難易度は上がります。


両学長も言っていましたが、転職活動をして年収アップしたり副業をして、「稼ぐ力」を高める必要があります。一攫千金を狙って、個別株はともかく仮想通貨では大部分の人はそれまで貯めた資産を失うことになるでしょう。


私の場合はこの年齢(非公開ですが(笑))まで働いて来ましたので、FIREとは言えないかも知れませんが、少しでも早く自由な時間を手に入れたいですね。別に何にもやることがなくったって大丈夫です。残された時間もあまり無いですからね。


と、今日のシミュレーションはかなり現実的なものに近いとは思いますが、どうしても…という人はサイドFIRE(セミリタイア)も選択肢としてありますよね。


私も本当にFIREするか分かりません。サイドFIREや適当にダラダラ会社に残って働く選択もあります。まだ、時間はありますので、しっかりと地道に1億円貯めたいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました