インデックス投資が簡単では無い理由

SIMカード米国株投資

相変わらず、マレーシアでは食事に気を付ける生活をしています。経済飯という沢山の料理がずらっと並んでいて、そこから自分の好きなものをチョイスしていきます。よそった量にもよりますが大体7-8リンギット程度(210~240円)です。


ご飯は自分で買ってあるオートミールです。大して美味しくありませんが、栄養があるみたいなので食べています。それに小魚、鯖の缶詰、ナッツ、ゆで卵などネットで適当に調べて栄養があるものを毎日食べています。


量は少なめなので小腹が空きます。その時はヨーグルトとバナナでデザートです。今までほとんどデザートなんて食べたことがありません。さらにトマトを丸かじりして飢えを凌いでいます。


本当はスナック菓子を食べたいのですが、健康第一です。そんな食生活でも月に9千円ほどです。そうそう忘れていました。豆乳に黒酢を少し入れたオリジナルドリンクを朝食代わりに毎朝飲んでいます。健康志向のTです。


スポンサーリンク

インデックス投資

インデックス投資は王道です。当時初期の頃はインデックス投資をしつつ、グロース株を適当に買っていました。あの頃は何買ってもグングン上昇していきましたね。


ただ自分なりに厳しくなったところで全て売却しVTIにスイッチ。今や53%がVTIです。何の知識も無いのにQQQ15%、VGT15%組み込んでいます。これはS&P500を上回るパフォーマンスが欲しかったんですが、今のところ意味なしですね。


高配当ETFはコロナショック大底1日前に買ったものを未だに放置しています。ハッキリ言ってこのポートフォリオはS&P500より若干下回りますが、ほとんど同等のパフォーマンスです。恐らく現在インデックス投資、特にS&P500のみを投資している人はなかなかいないと思います。


色々な人がオススメしていてもよこしまな気持ちが結果的に個別株やQQQ、高配当ETFなどに手を出してしまうのです。私自身も何度も売却を考えましたが、売却手数料、含み益に対する税金を考え放置に至っています。会社を辞めてFIREしてからVTIのみにすると思いますが、現金も保有しようと思っています。


現金保有額は未定です。私の場合、年金が貰えるのはほんの少し先なので、それを含めて考えるべきだと思います。確定拠出年金は除いていますが、退職金、企業年金含めて1億円を目標にしています。もう少しなのですが地合いが悪い今、手が届きそうで届かないのが何度も歯痒いのです。


円安・ドル高は関係なく積み立て投資以外の追加投資はしないことに決めているので、なるべく支出を抑えて現金をセコセコ貯めるモードです。あと1年もしくは2年でさっさと大切な人生の時間を拘束する会社から解放され、のんびりダラダラと生活するプー太郎(死語)になりたいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました