株式投資を始めるには絶好のチャンス!何を買えばいい?

米国株投資
スポンサーリンク

まず何をすればいい?

初心者は両学長の「お金の勉強 -初級編- を第一回から見るのをおすすめします。
ここで、まずお金の基礎知識を手に入れてからでも遅くは無い。
基礎知識がないのに株式投資はやめておいた方がいい。

私が選んだ株式投資と現時点の結果

楽天証券の楽天VTIです。これは投資信託ですが、インデックス投資というアメリカ全体に投資している詰め合わせパックのようなもので、長期保有が基本です。
まあ、出口戦略が難しいのですが、それはまた今度の機会に。

両学長のYouTubeの中でおすすめしていたので、かなちゃんの楽天証券を開設し
早速つみたてNISAの枠(年間40万円、毎月33333円)で楽天VTIを定期積立購入。
かつ、特定口座においても同じ楽天VTIを定期積立購入しています。
(年間60万円、毎月5万円)

2019年4月から1ヶ月は試しに毎日100円。5月からは本格的に上記金額に設定しました。
2019年の途中だったので、年間投資額が100万円になるように調整しています。

下記は2020/4/23時点での楽天VTIのトータルリターン。
2020年の2月中旬までは右肩上がりで調子がよかった。好景気のせいか10年に一度の暴落がそろそろ来るのではなんて噂がありましたが、まさかウィルス感染のパンデミックが起きるとは思ってもいませんでした。

初めての下落相場でも慌てず、最高値から-20〜−30%下落したときに、約2週間ほど毎日10万円ずつナンピン買い実施。
パチンコで10万円使うような感覚でしたね。


その結果、特定口座枠の平均取得価額の方がつみたてNISA枠より1,063.56円も安い。
長期保有のスタンスなので、トータルリターンはあまり気にしていません。

長期経過観察

私は両学長のYouTubeを見て納得した上で自己資金を投資しています。
リスク許容度も投資額に合わせて上がってきていると思いますし、これから来るであろう二番底に向けてのナンピン買い計画も立てています。


ただ、世界恐慌レベルになる可能性もあるのであまり深追いはせず、最高値から40%下落した当たり(2020年2月23日)で指値を入れておこうかと思っています。
ベア相場では怖くて自己資金を投資出来ないし、ブル相場に戻ってからはもっと投資しておけば良かったなんて都合よく考えてしまいます。

現時点からの過去は見れても未来は誰にも分かりません。
周りの雰囲気に流されることなく、米国投資家として長期保有戦略を変える事なく
この相場を慎重に楽しみたいと思っています。

両学長のYouTubeを見よう

  • インデックスファンドやETFに投資しているなら、ポートフォリオを必要以上に複雑にする必要はない
  • VT(楽天VT)1本、 VTI(楽天VTI)1本でも数千銘柄以上への分散投資が実現できている
  • 学長はインデックス投資ならVTIで十分と考えている

個別銘柄のポートフォリオを組みのは初心者には難しい。
なによりシンプルで分かりやすく、米国の長期成長を信じているのでこれに決めました。
実は同じVTIのETFも米国高配当ETFも下落相場で買っていますので、
また、現時点の結果を発表したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました