クアラルンプールでの日々の生活

ツインタワーお金のはなし

週末にも関わらずホテル隔離中。これから本格的に始まるマレーシア生活。あまりに暇なので、これからの支出の戦略というか妄想をしてみた。

スポンサーリンク

クアラルンプールでの貧乏生活

これからマレーシアでの生活が始まる。来週の水曜日もしくは木曜日のホテル隔離明け。

エアービーアンドビー(ABNB)で予約を進めていた時に、チェックインの時間を入力しなければならなかった。隔離ホテルに確認したところ、チェックアウトがイマイチハッキリしなかった。

それは置いといて、隔離後は普通に会社に行かなければならない。出張で何度も行っているし、社員もすでに知っている。特に目新しさはない。

これからの生活について想像すると、どうしても生活費について考えてしまう。そこで隔離明けからコンドミニアムを探して行くのだが、以下がポイント。

パタヤのコンドミニアムでは電気、水道、インターネット、ウォーターサーバー、部屋の清掃、洗濯、日本のテレビが込みの豪華プラン(交渉)。

ここクアラルンプールの基本が分からないが、予算内であれば可能だろう。電気、水道、インターネットは最低込みにしたい。

部屋の掃除や洗濯は休日に自分でやれば良い。水は面倒だけど、スーパーで買えばいい。ただウイスキーは氷無しで飲むようにしたい。水のほとんどはウイスキー用の氷。

ま、マレーシアはタイのようにウイスキーは安く無いので、もう飲むことも無いだろう。確か、1リットルで3千円はするので無理・無理・無理。

ということで、水に関しては解決。日本のテレビに関しては、TVer(ティーバー)で観れる番組で我慢するしかない。TVerに各テレビ局のリンクが貼ってあるが、そこでもかなり観れるので十分。

またNetflixも契約しているので十分。VPNで日本用も観れる。となると、生活費はタイと同様にほぼ必要ない。メインは食費と酒代。

食費は平日は夜のみで5-7リンギット(130-180円)。酒代はビールであれば500mlで6リンギット(150円)なので、2本飲んでも300円。合計すると1日500円、月15,000円。

こんな上手くいくわけないが、土日を考慮しても20,000円程度だろう。

あまりに暇なので、妄想支出の最適化をしてみた。実際生活始めたら結果をブログで書く予定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました