マレーシア銀行最高!定期預金金利でプチFIRE?

象お金のはなし

平日は自宅へ帰る途中でおかずのみ2品買って帰り、レンジでチンして食べています。このお店は大体3-5リンギット(110円)ほどで買えまますが、特に安いと思います。どこかセントラルキッチンがあるのか知りませんが、味のレベルはどこでも一緒です。


なので、安ければ安いほどお得ということになります。ただ夜8時過ぎには閉まってしまうみたいなので、早めに会社を出る必要があります。まあ、もう歳なので長時間労働は困難な身体なんですけどね。Tです。


スポンサーリンク

興味がないというかツマラナイ米国株

最近はもっぱら米国株の収支には興味が失せています。相場の調子が悪いのに今日は〇〇マイナスか。。。とか今日はプラス〇〇か。。。とか気にしても仕方ありませんからね。


基本的に下落相場なのは間違いありません。年間を通して若干のプラスになれば御の字です。3%位は欲しいですが厳しいかもしれませんね。



ということで、もっぱらマレーシアの銀行であるCIMBで定期預金に全額投入しています。今、口座には60リンギット(1650円)しかありません。まあ、カバンの中にに7万円くらいありますけどね。


マレーシアの銀行は頻繁にプロモーション(キャンペーン)を実施していて、今だと3ヶ月で年利2.1%、6ヶ月で2.2%、1年で2.3%です。日本の状況を調べましたが一番良くて、6ヶ月で0.1%、1年で0.17%です。1千万円の場合、1年でわずか17,000円です。


しかしマレーシアの場合は確実にノーリスクで年間23万円も稼ぐことが出来ます。マレーシアで貰える給料はある時期の為替を使って、日本円としても振り込むことが可能なのですが、現在リンギット安で日本円に自動換金されるのは勿体ないです。


なので、全てリンギットで振り込まれるように設定しました。為替が良くなった時に日本円に換金する作戦。1年に1度だけその振り分ける設定を変更することが出来ますが、1年間全力でリンギットです。


当初は1リンギット=25.1円でしたが、現在は1リンギット=27.6円ほどになっていますので、仮に日本円に変えた場合、約11%増えることになります(27.6/25.1=1.1)。元々為替が悪環境なので、リンギットをたんまり持たざるを得ない作戦ですが、そうでなければ当然、日本円として持っていたいのです。


金利は副産物なのです。「為替の影響>>>金利」なのです。とは言ってもただお金を預けているだけでお金が増えることは嬉しいですね。マレーシアの毎月の給料は大体38万円ほどですが、ほとんど全額3ヶ月定期預金にしています。何故3ヶ月なのかというと、いつ日本に帰れ!と言われるか分からないからです。


3ヶ月だと(プロモーション)で年利2.1%。生活費は食費が1万円程度なので、マレーシアに赴任してから1年14ヶ月経っていますが、既に620万円ほど貯まっています。ざっくり計算すると毎月1万円ほどお金が増える計算です。


金利だけで生活費が賄える状態になっていますね。いわゆるプチFIREです。


要するにお金に対するアンテナを立てていれば、マレーシアの金利が高いこととやプロモーションの存在を知ることが出来ます。


米国株は調子が良くありません。なので、生活費を抑えて現金を貯め込みながら、じっと好転するのを待つことが資産を最大化する最適解だと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました