トータルリターン最高額更新!!!

時計米国株投資

在宅勤務は初めの頃は真面目に仕事していましたが、期間が長くなるとだらけ始めてしまって反省しています。Tです。マレーシアに来てから気分の浮き沈みはありますが、今日はかなり気分は最高潮です。

スポンサーリンク

S&P500高値更新!!!

先週、S&P500が4,000台を超えたというニュースが駆け巡りました。少し遅れて昨日の相場でトータルリターンが最高額を更新。7週間振りです。

この軟調相場に入ってから1週間後にポートフォリオを大改革。個別株、テーマ型ETFのICLNを全て売却。2020年のような相場だとしても、着実に恩恵を受けられるポートフォリオにしました。

その売却益はすべてVTIを買い増ししました。DOWの影響10%、ナスダックの影響30%、S&P500の影響は60%程度ですので、精神的にもかなり楽です。

生活防衛資金はかなり確保していますので、毎月の余剰資金はすべてVTIにぶち込んでいます。買付手数料が無料なのも嬉しい。

でも、そろそろ自分名義の海外の証券口座を開設して運営しないといけない時期かもしれません。少しずつ勉強していきます。

このポートフォリオの素晴らしい点は、その気になればポートフォリオを見る必要がない点です。例えば暴落時は一切見なくても良いポートフォリオだと思います。指数を見れば大体予想がつきます。

割安な経費でETFを運用してくれています。結局は高値更新しますので、2か月程度の軟調であれば、特になにも感じません。20%位下がったら、ナンピン買いするか・・・位な感じですね。

ただ、-40%級の大暴落で3年も低迷するような状態になった場合、毎日リターン確認はつらいので、週に一回、もしくは月に一回かもしれません。それでも辛すぎる。

現在3,500万円くらい米国株に投資しているので、1,400万円のマイナス。。。実際のトータルリターンはマイナス600万円程度かもしれませんが、それでもツライ。

なので、なるべくメガ級の大暴落前までにトータルリターンを増やして、ダメージを少なくしたい。もしもトータルリターンがプラスの状態であれば、精神的にはかなり楽ですね。

いままでコツコツ積み上げてきたリターンですが、トータルで損はしていない状態というのはまだマシです。問題はFIREした直後にこのような大暴落が来た場合です。

それは、「4%定額・定率<生活費」という状態になるからです。年金が貰える状態になっていれば問題ないかもしれませんが、まだまだ先の話です。

その場合はアルバイトでもして生活費を稼ぐほかありません。先日、保有ETFから分配金が入金されたブログを書きましたが、光熱費・水道代・携帯代・インターネット代をまかなえている状態というのはかなり気が楽ですね。

なので、分配金・配当金をある程度組み込むことは、いずれにしても得策と言えそうです。

FIREしたあとは5年間滞在したパタヤでのんびりと生活するのが目標です。タイ人はいつも笑顔だし、ひとなつっこい。パタヤビーチにいけばストレスも軽減します。

にぎやかな通り沿いの酒場でビールをチビチビ飲みながら行き交う人を眺めているだけでも、とても楽しいです。

滞在期間5年間、私はパタヤから一歩も外に出ていません。駐在員の多くは今は新型コロナの影響で無理ですが、隣国やタイ国内を旅行したりしています。

ひとりで行ってもつまらないし、パタヤでのんびりしているだけで旅行気分ですよね。。かといって、ウォーキングストリートやバービアなどにはほとんど行きませんでした。

日本から出張者が来た時には色々連れて行きましたが、割高。。。。一人でビール飲んでいる方が気が楽です。

あののんびりしたゆる〜い雰囲気が大好きなのです。ここ最近、本気でFIREしてタイに長期滞在するのを目標としました。

話がかなりそれましたが、このままトータルリターンを着実に増やし、焦らずにFIREを実現したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました