ポートフォリオ確認!!!

米国株投資

2/22に早々と残りの個別株を捨て去り、信じることが出来るETFのみにしたポートフォリオ。自分と同じような初心者の方は参考になると思いますので現時点の考えも添えています。


スポンサーリンク

背景

まず、現時点のポートフォリオです。元々の狙いは、VTI;50%、QQQ+VGT;30%、SPYD+HDV+VYM;15%、個別株5%でしたが、個別株はバッサリ切り捨てましたので、その分VTIに偏っています。あとはパフォーマンスの違いで比率は変化していきますが、特に気にしていません。


基本的には大きな米国株の動向はじっちゃまのツイートや記事から掴もうとしています。「2021年は難しい相場なので、VTIで良いでお茶を濁しておけば良い」と。なので、個別株やテーマ型ETFを捨ててVTIに追加投資しました。2月22日のことです。


元々VTIはポートフォリオの基本としていましたが、さらに比率を上げるべく余剰資金の大半をVTIに投資しました。買付手数料(税込0.49%)も無料なのは大きいですしね。


それに両学長のオススメでもあります。なので、基本はVTIです。ブログタイトルのふたりのオススメがVTIなのですから盲信するに決まっていますね。このポートフォリオはSBI証券のみですが、楽天証券分は完全VTIのみです。さらにVTI比率は上昇しますね・・・


VTI

先程も買いましたが、ブログタイトルのふたりのオススメのETFです。これはメインにすべきです。本当は全てVTIでも良いくらいです。


FIRE後はVTIのみにするかこのポートフォリオに近い形にするか悩んでいます。米国全体の3800銘柄近くを分散投資していますので、初心者の方はこれ一択でOKです。


VOOでもよいとおもいますが、好みの問題ですね。大差ないです。ここ最近は突然このVTIをメインにした有名な投資家の方もいますので、何も考えずに放置していれば、勝手に資産は増えていきます。


QQQ、VGT

ここ最近調子が悪いGAFAMを中心としたETFです。VTIも時価総額比率で構成されているので、GAFAMメインですね。なので、ハッキリ言ってFIRE出来るかどうかはGAFAM頼みなのですね。


このふたつのETFはVTIよりもGAFAMに影響されやすく、グロース株メインなので、金利に依存しますのでこれから厳しい感じもしますね。


29.59%の比率なので、それなりの影響があります。S&P500に勝つポートフォリオには必要なETFなんですよね。


SPYD、HDV、VYM

高配当ETFはVTIに比べてパフォーマンスは劣ると言われています。なので、純粋に資産を増やしたい人はVTIで良いと思います。


私の場合は何度も書いていますが、コロナショック大底1日前にたまたま買ってしまったので、キャピタルゲインも十分にあるんですよね。(売るに売れない状況


売ってVTIにしても良いのですが、税金を払いたく無いので、分配金で一生電気代を払って貰うつもりです。現時点のパフォーマンスは、SPYD > VYM > HDVです。


まとめ

どれも有名なETFですし、安心して保有出来ますね。毎日モニタリングする必要はありません。個人的には現金を増やしたいので、追加投資はストップしています。


機会損失も考えてしまいますが、FIREには現金も必要なんですよね。なので、代わり映えのないポートフォリオは今後も続くと思います。これからは2020年の様な簡単な相場は期待出来ない様ですので、素直に優良なETFを買っておけば間違いありません。


米国経済が右肩上がりである以上、これらのETFも右肩上がり。答えは3年後ですね。劇的なパフォーマンスは期待していません。年8%程度もあれば十分満足です。FIREが確定します。会社を辞めた時に重圧から解放されたことを考えるとワクワクします。なので、手堅く攻めることが賢明ですね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました