資産を大きく増やす禁じ手公開

ライター米国株投資

最近、ある意味仕方がないのかもしれませんが、マネタイズに大きく舵を取るYouTuberの動画に嫌気が差してしまい、あまり観なくなっています。煽り動画ばかりの性格が悪いYouTuberには心底ムカついてしまい、ものすごい経済知識があるのにそういう方向に行かないと儲からないなんてツライ仕事だなあーなんて思ってしまいます。


両学長のYouTube動画に限ってはほとんど実践しているので興味を引く内容以外はあまり観ていません。ほとんど卒業した状態ですね。それでもまだまだ良いYouTube動画はありますね。とある節約系YouTuberの動画を数本観ました。内容自体は私に取って目新しいものはありませんが、自分の実践内容や考え方がほとんど同じことにビックリしました。多少異なることはありますが、大筋は同じなんですね。T です。

スポンサーリンク

リセッション(景気後退)による大暴落に備えろ!

米国株は年初来S&P500もNASDAQも大幅に下落しています。1月のCPIは7.5%と市場予想7.3%を上回りインフレが加速していますし、ウクライナ情勢も悪化しているようです。このダブルパンチで誰もが「更なる下落」を簡単に予想出来ると思います。


また、逆イールドが起きそうとのことでリセッション(景気後退)になるのでは無いかという人までいます。10年債利回りと2年債利回りの差は必ず毎朝チェックする様にした方が良いですね。


リーマンショック級の大暴落が来た時のシミュレーションはしていた方が良いです。レバレッジETFなどは3倍界王拳を喰らうので要注意です。私もSPXLを保有していますが、20万円は授業料として全額失っても良いと思っています。


-40%級の大暴落が来た場合、現時点から1千700万円ほどマイナスになり、含み益から含み損に転落。トータルとしては690万円マイナスになります。。覚悟が必要です。


現金はいくらあるのか?

先ずは現金として保有している資産額をチェックしてみましたが、マレーシアでの給料リンギットは投資には回すことが出来ません。なので日本円をチェックしましたが、かき集めれば1.8千万円ほどあります。


生活防衛資金は300万円あれば問題無いので、1.5千万円くらいは追加投資出来ます。



為替

ネックなのは円安ドル高です。私の平均ドル転は106.7です。現在、115.90なので為替益が200万円ほどあるんですよね。これは単純に投資額のみなのでここに含み益を加えるとさらに増えていることになります。2020年、2021年は絶好の買い場だったことが為替にフォーカスしても分かります。


ドル円相場ですが、コロナショック時には112円→102円と円高ドル安に向かっています。同じようになるか分かりませんが、あまり心配しても仕方ありません。。


禁じ手

ここで、すでに禁じ手というのが何を意味しているのか理解出来ると思いますが、下落局面で単純に株を買うことです。ナンピン買いとも言います。


これまで約1年間、一貫して追加投資を止めてきましたが、ついに動く時が来たようです。コロナショックの時はほとんど投資していませんでしたが、400万円ほどVTIと高配当ETFを-30%位の時に購入しています。運が良かったですね。。。


とあるYouTuberの方が動画で見せていたエクセルのテーブルをモノマネで作成しており、保管してしますので改めて計算してみました。


感情が入ると上手く行動出来ないので、あらかじめ指値で設定しておくことがベストですね。購入するのはVTIです。米国株と共に人生を終える勢いです。


すでに2022/1/3の最高値から-8.2%下落していますので、-20%を起点にナンピン買いスタートです。5%刻みでどんどん投資額を増やしていき、トータルで125,000ドル(1千400万円)です。この投資が今後の資産形成で重要な出来事になるはずです。


勿論、リセッションが何年続くか分かりません。最長5年間は覚悟する必要があります。考えても仕方ありませんが、その場合はFIREは諦めるしか無いかもしれませんね。正直こんなナンピン買いはしたくありませんが、「備えあれば憂いなし」です。そのあとは節約を継続して現金をまた貯め込みます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました