日本人は英語を勉強する必要が本当にあるのか?海外駐在員が答えます。

ウェブサイト英語

日本人は英語が苦手ですね。30代後半から大半の時間を英語に費やした僕が英語を学ぶ必要性について解説します。

スポンサーリンク

日本人は英語を勉強する必要が本当にあるのか?海外駐在員が答えます。

もしも従業員に対して英語のレベルを上げるように躍起になっているのであれば、理由は簡単に分かると思います。それは日本国内だけで仕事が完結出来なくなってきているからです。

特に東南アジアは人件費も安いですし、取り引きがある会社が進出している場合もあるでしょう。その場合、プロジェクトの進捗状況を会議で確認する必要があり、そもそも英語が話せないと、何の役にも立てません。

そこで会社が英語の出来る人材を必要しているからです。
簡単な話ですね。

新入社員で入社してくる若い子は、TOEICなどの点数が入社基準にあるでしょうから
基本的に何もしていないおじさんよりは遥かに役に立ちます。

また、いまの会社がそこまでの強い方向性を持っていなくても、間違いなく将来は必要になってきます。
僕の会社も入社したての頃は、海外との仕事はほんの一握りだったのです。

なので、20代、30代、40代の人は今からでも遅くないです。
是非、英語を学び直しましょう。
もちろん、50代の人も遅くはありません。

このブログは主にお金の重要性について、僕が実際に行動した結果を知って頂き
少しでも行動をして欲しくて立ち上げましたが、

それだけではなく、自己投資の素晴らしさも知って欲しく、英語学習について記事を書いて行こうと思っています。

英語学習を始めるに当たって

僕の英語の実力は大したことがありません。
もちろん、英語が全然話せない人から見たら、「すげー、かっこいい」ってなるかもしれません。

でも、ドラマや映画なんて全然分からないし、英語ガチ勢の中にはたくさんのすごい人がいます。
でも、ポイントはそこではないのです。

比べたくなる気持ちは分かりますが、人と比べても虚しいだけです。
一流の人には勝てませんし、勝とうとする必要もないのです。

先ずは目的を持つことが大切ですが、会社が英語に対して推奨しているのであれば
それが目的となりますが、それだけでは絶対に継続出来ません。

僕の場合、当時は今ほど会社は英語に対して躍起にはなっていませんでした。
でも、運よく二度の海外プロジェクトを経験し、「話せたら、かっこいいよなー」っていうくらいの気持ちでした。

継続出来た理由は色々ありますが、基本はこのかっこいいよなーという気持ちです。
今でさえも、英語で意見をいったりアドバイスをしたりした時に、うまく話せると
「おっ、今うまく話せた」って思います(笑)

すると、うまく話せなかった時は、状況を思い浮かべて、インターネットでどのように話せば良かったのかを調べます。何回も実際に独り言のように話し、來るべく次の機会を待ちます。

こういう好循環を自ら作り出すことが大切です。
要するに自分の成長を自分で確認できて、その結果が向上していることが大切なのです。

インターネットの世界ではアンチもいますが、TOEICもその一つの手段だと思っています。
勉強すれば必ず点数は上がるし、点数が上がればモチベーションが上がり、また勉強する。
好循環が生み出されるのです。

次回以降は、具体的にどのように勉強していけば、そこそこ会社が役にたつ英語力を身に付けられるのかを
少しずつ提供出来ればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました