米国株ニュースと英語学習をリンクさせよう

デスクトップパソコン英語

まだ英語学習初期の人はいきなりでも構わないですが、できれば基礎力をつけた方がベター。

単なる趣味から人生の大半を費やしてきた英語について書いていますので、是非読んでみてください。

スポンサーリンク

finviz

恐らく、大部分の人はこのサイトを知っていると思う。

FINVIZ.com - Stock Screener
Stock screener for investors and traders, financial visualizations.

このS&P500のヒートマップで有名なサイトだ。セクター別に分かれていて、枠の大きさは時価総額の大きさに比例して、視覚的に分かりやすい。

とってもクールだ。

ここで、先ずはアカウントを取得して(メールアドレスとパスワード)、ポートフォリオを作ろう。

このような編集画面になるので、ここに今まで購入した株の情報を記入していく。

ここではSBI証券を例に購入した株情報の調べ方を記載しておく。

SBI証券にログインして、①外国株式をクリック

②口座管理をクリック

③取引履歴をクリック

期間を設定して、④照会をクリック

そうすると、下記情報が出てくるので、以下のようにfinvizのポートフォリオに記入していく。

286.77USDは手数料込みのトータルの購入価格なので、これを購入株数で割れば手数料込みの1株あたりの単価を取得出来る。

注意点としては、トータルの誤差が大きくなるので小数点以下は3桁以上は必須。

全て記入したら、Save Changesをクリックしてポートフォリオを終了する。

あとは、open in screener をクリックして、

色々なタブをクリックして、どういう機能があるのか確認しよう。

一通り、確認したらPortfolioをクリック

そうすると、一番下に保有銘柄に関するニュースの一覧があります。かなりの記事数なので、見出しをみて自分が気になるものを読んでみるのをお勧めします。

きっと、保有銘柄なので、真剣味が違う。。。例えば、なぜ時間外で暴落したんだろう・・という時には大抵はここの記事の中に答えがある。

例えば、上から三番目をクリックすると。。。今、話題のアストロゼネカ(AZN)がギリアドサイエンシズ(GILD)に合弁を提案しているという記事を見つけられる。


あとは、ひたすら読んで、読んで、読みまくりましょう。自分が興味がある分野であれば、楽しんで読めるはず。最初は翻訳サイトなどを併用していくのがベターかも。

毎日、コツコツと読んでいくことが大切なので、そのうち、スラスラ読めるようになるはず。。。(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました