まだまだ間に合う!これからも躍進する企業を5銘柄紹介。

ジェット飛行機米国株投資

はっきり言って、これから元通りの世の中に戻るのかは誰にも分からない。今は、分かりやすい方向なので、順応した個別銘柄を買っていきたいと思っている。

下記五銘柄が今狙っている銘柄だ。最高値付近にほぼ戻っている銘柄もある。

  • オクタ(OKTA)
  • アトラシアン(TEAM)
  • クラウドストライク(CRWD)
  • ゼットスケーラ(ZS)
  • ビヨンド・ミート(BYND)

年初以来の値動きを5銘柄比較してみた。

79.11%;ビヨンド・ミート(BYND)
62.62%;ゼットスケーラ(ZS)
57.41%;オクタ(OKTA)
54.68%;クラウドストライク(CRWD)
49.40%;アトラシアン(TEAM)

オレンジ色のビヨンド・ミートはかなり値動きが激しいのが分かるが、他の4銘柄はどれも似たような値動きだ。また、年初以来のコロナショックを経験したあとに躍進しているのが分かる。

オクタとアトラシアンは1株あたり2万円もする・・・しかもほぼ最高値。ビヨンド・ミートは何があったのか知らないが、まだまだ最高値には及んでいない。

スポンサーリンク

どんな企業?

それぞれホームページで簡単に調べてみた。英語版Wikiにも分かりやすい説明が書かれているので、参考にしてみた。

オクタ(OKTA)

オクタはテレワークでIDを管理するクラウドソフトウェアの企業のようだ。

「The new standard of identity for the new way of work.」と基本コンセプトがある。
直訳すると、「新しい仕事の方法のための新しい身元IDの標準」

また、「The Okta Identity Cloud gives you one trusted platform to secure every identity in your organization, including your workforce and customers.」とその下に詳細が書いてある。
これも直訳すると、「オクタの “Identity Cloud” は全従業員と顧客を含むあなたの組織の全てのIDを保護するためのひとつの信頼できるプラットフォームを提供します。」

とあるので、会社のネットワークの外で仕事をする場合はセキュリティーの問題があるので、この “Identity Cloud” にソフトウェアにログインして安全に仕事できますよってことなんだろう。

アトラシアン(TEAM)

ホームページにいくとデカデカと

訳すのは面倒なので、ソフトを使うと、

G’day、私たちはアトラシアンです。 世界中の何千ものチームで使用されているJiraやTrelloなどのツールを作成しています。 そして、私たちはすべてのチームのために素晴らしい製品、プラクティス、オープンワークを作成することに真剣に取り組んでいます。

まあ、要するに、何かのプロジェクトで各組織の担当がが目標達成に向けて活動していくわけだけど、日程管理、必要なファイル、ミーティング、決定事項などをソフトウェアを通じて共有するツールのようだ。

クラウドストライク(CRWD)

ここは日本語のホームページがあった。

セキュリティー関係のクラウドプラットフォームを提供する会社だとは安易に分かるが、一応英語版のWikiを訳すと、

CrowdStrike Holdings、Inc.は、カリフォルニア州サニーベールに拠点を置くサイバーセキュリティテクノロジー企業です。エンドポイントセキュリティ、脅威インテリジェンス、およびサイバー攻撃対応サービスを提供します。

https://en.wikipedia.org/wiki/CrowdStrike

ゼットスケーラ(ZS)

ここも日本語のホームページがあった。

英語版Wikiの日本語訳が優秀なので、

Zscalerは、インターネットセキュリティ、ウェブセキュリティ、ファイアウォール、サンドボックス、SSLインスペクション、ウイルス対策、脆弱性管理、クラウドコンピューティング、モバイル、モノのインターネット環境でのユーザーアクティビティのきめ細かい制御を提供するグローバルなクラウドベースの情報セキュリティ企業です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Zscaler

ホームページもテレワークを全面に出していますね・・・

ビヨンド・ミート(BYND)

この会社は、ビヨンドミートは植物由来の人工肉を製造・開発する食品テクノロジー企業だ。米国などは肉を食べない人がいるので、そのような人たちにはうけているようだ。

まとめ

簡単にまとめると、

  • オクタはテレワークでIDを管理するクラウドソフトウェアの企業
  • アトラシアンもプロジェクト管理のソフトウェアの企業
  • クラウドストライクはサイバーセキュリティテクノロジー企業
  • ゼットスケーラはクラウドベースの情報セキュリティ企業
  • ビヨンドミートは植物由来の人工肉を製造・開発する食品テクノロジー企業


ビヨンドミート以外は、本当に働き方が変わることになればこれからも期待できる銘柄だ。ビヨンドミートは実際に食べたことはないが、供給量が確保できればこれから注目できる銘柄だと思う。

今の環境ではこれから伸びていく業種なのは間違いないので、3指標をチェックした。

3指標をチェックしてみた

次回の決算の時に、EPS、売上高、ガイダンスをチェックするために今のうち、メモっておいた。オクタとゼットスケーラは5/28に決算発表するので、全て結果がコンセンサス予想より良ければ、購入したい。

いや、決算はもちろん良いことは予想できるのでその前に購入するか・・・悩む。

アンテナを張っていると優秀そうな銘柄情報が入ってくるので、現状の方向性に沿った投資は理にかなっており個別銘柄全てで少しプラスになればいいかな・・ていう感じだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました