FIREについてあなたの主観的な意見は要らない

猫社会・トレンド

ツイートや色々な記事を見ていると主観的な意見なので、その人にとってはそうなんだろうけど、全ての人に当て嵌めようとしている感があって、モヤモヤしました。Tです。


スポンサーリンク

主観的な意見

楽しく働いている人は何も経済的自立なんて考えないです。勿論、お金持ち人なりたい、もっと良いところに住みたい、もっと良い車が欲しいなどレベルアップした生活を望んでいる人はいるでしょう。でも、正直言ってこの考えから経済的自立に向かう人はいません。


不動産事業からの不労所得については詳しく知らないので分かりません。不労所得を株式投資から得る場合に限定すると、資産1億円をS&P500に全額投資した場合、資産を維持したい場合は、取り崩し年利4%として年間320万円(税抜き)です。


月26万円ほどです。普通の暮らしですよね。結構質素だと思います。養う家族がいて、まだ子供が小さい場合、不可能だと思います。つまり、資産運用で不労所得を貰いつつ、働いていく必要があります。


なので、このFI(経済的自立)というのは何かしらの動機が無ければ、目指そうと思わないのです。そこで後半部分のRE(早期退職)がセットなのです。何故、早期退職したいのか?単純にツライからですよね?


今働いていることは自分がやりたいことでは無い。生活の為に仕方なく、ありとあらゆることに耐えているのでは無いでしょうか?勿論、ツライ事ばかりでは無く、楽しい一面もあると思います。自分の思う通りに仕事が進めば、やり甲斐も出てきます。


しかしながら、サラリーマンというのは年齢と共に給料も上がりますが、責任も増えてきます。またマネージメントという仕事が好きでは無い人もやらなければなりません。役職を降りれば良いのですが、金銭的な面に縛られている為、よっぽど辛くなければ、そのポジションを維持するのは当然です。


なので、一概にそのまま働く方がベターとかはそれぞれの環境で変わるので、共通する事柄では無いと思うのです。さっさと経済的自立を目指し、暇な時間を弄ぶこともその本人の自由なので無いでしょうか?


その人がその後、働くことになったとしてもそれはもうFIREでは無いのです。サイドFIREですね(笑)ダラダラと不満を書いてしまいましたが、そのまま継続して働く方が良いとかは余計なお世話なんです。


支出を切り詰め、その余剰資金を投資に回して許容出来る生活費を不労所得で賄うことがどれほど大変なのか?ということです。正直、1億円の資産を貯めることなんてほんのひと握りだし、高収入の人が大半なのでは無いでしょうか?(私の場合は駐在ブースト)


その高収入を捨て、FIREするには並ならぬ決心があるわけです。なので、主観的な意見は必要ないと思ってしまった今日この頃です。すみません。


たびたび両学長もFIREについて意見を述べていますが、その人の取り巻く環境を考え、意見を述べています。一握りのFIREではなく、サイドFIREという敷居が低いものも紹介しています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました