つみたてNISAは年初一括投資か、つみたて投資か。。。

メール米国株投資

ホテル隔離ももうすぐ1週間が経とうとしています。株価の調子が悪いと生活の張りが出なく、モチベーションが上がらないので仕事も余暇も楽しくありませんね。仕事だけは強制的にやらされているので、嫌々こなしています。Tです。


スポンサーリンク

つみたてNISAは年初一括投資か、つみたて投資か。。。

今日はつみたてNISA年初一括投資が良いのか?それとも積み立て投資が良いのかの緩い素人考えを書きたいと思います。この問題はつい先日、ツイッター界隈で炎上気味に議論がされていましたが、恐らく前提条件が曖昧なので食い違いが発生しているんだと勝手に思っています。


私の好みは全世界株式のVTより全米株式のVTIですが、どちらも「長期的には右肩上がりになる」ということを信じているからこそ投資対象にしているのだと思います。


日本みたいに長期に渡り低迷したりするような市場であれば全体の株式を買う様な投資はしませんからね。右肩上がりのグラフが単純な直線だと思えば簡単ですよね。そうなると今、この瞬間に投資すべきなのです。


例えば、今日つみたてNISAを始めようと決めたとします。その場合、完全な一括投資は制度上出来ませんので、毎月100円の積立設定をします。つみたてNISAの場合は年間40万円の投資が限度なので、400,000-(100*12)=398,800を最短設定月(仮に10月)にボーナス設定(何月にするか設定出来たと思います)にすれば良い訳です。


その他に余剰資金があれば特別口座(源泉徴収あり)で一括投資がベストです。余剰資金はきちんと生活防衛資金(基本生活費や病気や怪我など何かあった場合の備え)を計算しておくことが必要です。


よって積み立て投資という選択肢はインデックス投資ではあり得ない訳ですが、何故ドルコスト平均法というものが推奨されているのかというと、右肩上がりのグラフが直線では無いからです。


日々の経済情勢によって乱高下してるのはご存知の通りですし、〇〇ショックの様な30%~50%の大暴落も10年に一度は起きているという事実があるからです。


短期間であっても投資した直後から含み損なのは悲しいですからね。まして大暴落なんか来た日には目も当てられません。となると堅実に毎月積み立て投資をする方が投資初心者には「やさしい」のだと思います。


勿論、一括投資の方が10年先か20年先のリターンは良い確率が高いです。一括投資の直後に大暴落が来た場合は積み立て投資のパフォーマンスを超えるのは時間が掛かると思います(想像)。


それに40万円も余剰資金が無い!という人は多少リターンが落ちることは止むなしなので、毎月積み立て投資せざるを得ないですね。


ちなみに私の妻は2019年の5月からつみたてNISAを開始しましたが、2019年の40万円を使い切る形で積み立て投資しており、2020年以降も毎月33,333円を投資しています。2022年以降も多少のパフォーマンスの差はあれどこのまま積み立て投資していくと思います。


個人的にはスポット買いが一番悪手だと思います。例えば直近2021/9/23のVTIの終値は230.09ドルですが、ここから10%下落したとします。株価は207.081です。過去を振り返ると2021/3/31の終値206.69ドルとほぼ同等ですので、その時に買ったことと同じことになる訳です。


なので、下落を待って買うのでは無く、その時に余剰資金があったら買おうかな…位がちょうど良いのです。理屈上は余剰資金があることはパフォーマンス的にはNGですけどね。


色々今後の戦略もあり余剰資金は生活防衛資金以上ありますが、それは確かに株式投資におけるパフォーマンスの最大化としてはそぐわないことです。


でも、だからと言ってそれが悪い訳ではありません。精神的なものや、経済環境によっても異なります。かつリスク許容度を超えた投資というのはいつか破綻してしまいます。


ここ最近の金融相場のアゲアゲモードしか知りませんが、過去にいつの間にか退場する人が数多くいたそうです。某有名な投資家の方が、「優秀な人でも勝てなくなり退場した。」と言っていました。


投資方法は千差万別です。特にツイッターでは投機を投資と勘違いしている人が数多くいます。株式投資だけで一攫千金する人はごく僅かで高額宝くじに当選する様なものです。


最終的には破綻します。手堅いのは毎月支出をなるべく減らし余剰資金をS&P500連動ETF(VOOなど)や米国株式全体ETFのVTIなどにコツコツと毎月投資することです。


簡単でなかなか簡単ではありません。私のポートフォリオを見ても一目瞭然。右往左往しています。高配当ETFは要らなかったなあーと思いますが、税金を考えるといまだに踏ん切りが付かない感じです(笑)


コメント

タイトルとURLをコピーしました