資産公開 2020年5月

ドル袋資産公開

たった1ヶ月ではよっぽどのことがない限り資産が劇的に増えることはない。でも節約して支出を押さえたり、幸せになれる支出(消費、浪費)をしたりすることは人間活動そのものだ。

そして、それをチェックすると自然と資産増大へのモチベーションになるし、人生にハリが出てくるから不思議だ。

スポンサーリンク

前月(4月)との比較

総資産額;32,373,156円(+1,273,381円)

住友SBIネット銀行とSBI証券

+446,346円

住友SBIネット銀行は米国株専用口座なので、米国ETFと個別株の含み益もしくは含み損の差だ。昨日2020/5/29(金)に個別株がかなり調子が良かったので滑り込みセーフである。

楽天銀行(T)

+605,076円

これは収入➖支出。

給与は楽天銀行(T)に振り込まれる。日本の光熱費など全て生活費の財布である。固定費の見直しは行なっているので、一番上の日本食事代+他からConohaWINGはOK。

問題は変動費だが以前確認した通りだが、

合計;129,525円

  • 1,650円;両学長初出版本(楽天ポイントなので実質ゼロ
  • 1,249円;ロジクールのマウス(家族用)
  • 114,200円;固定資産税(実際は134,200円だが、2万円はマイレージ
  • 12,426円;浄水器のカートレッジ(楽天ポイントなので実質ゼロ

全て必要な支出なので、見直しの必要はない。楽天ポイントやマイレージで2万円分の固定資産税を払ったりと、こういうことが大切。

楽天銀行(K)とつみたてNISA

+221,959円

この組み合わせで楽天証券のつみたてNISAと特定口座でVTIを年間合計100万円積み立てている。コロナショックで株価が暴落したときに毎日10万円を1週間続けて突っ込んだので、現時点で特定口座の方が含み益が大きい。

改めて、投資は銘柄選びはもちろんのことタイミングも大切だよなあと実感している。楽天VTIはBUY&HOLDなのでこの口座はあまり興味がない。

まとめ

総資産額;32,373,156円(+1,273,381円)

米国株が上昇トレンドなので、1ヶ月で+127万円は上出来だ。

二番底が到来したら、米国株投資総額が1,136万円なので株価が

40%ダウンで-454万円、50%ダウンで568万円が消えて無くなる。永続的でないにしても、考えておかないといけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました