レイバーデー明けは気を付けろ!含み益グラフを初公開。

南京錠米国株投資

日本国内出張もやっと終わったので、長らく続けていたホテル&コンビニ生活も終わりです。日当で貰えたら問題ないのですが、実費精算なので、贅沢しました。と言っても、コンビニで沢山買って食べただけなので、健康に良くないし、何よりまた太ってしまったのは後悔。


しかし、色々買いましたが、セブンイレブンはどれも美味しいですね。出張で無ければ買わないものばかりです。ゼリー、チョコレート、スナック菓子など食べてしまいました。(笑)Tです。

スポンサーリンク

レイバーデー

相変わらず、好調な米国株式市場。着実に資産が増えていくので嬉しいのです。一方でいつかは来るであろう大暴落は正直怖いですが、ポートフォリオ的には「狼狽売りや損切り」などは無縁。ただじっと我慢するしかないのですが、果たしてそれが出来る人はどれだけいるのでしょうか。


言い方は悪いですが、個別株やビットコインでギャーギャー言っている人達はいずれ駆逐されるのでしょうね。リスクを取っている分、リターンもあるのは当たり前なので、目標金額に到達してさっさと撤退するつもりの人もいるとは思いますが、ハッキリ言って無理です。


そこまで調子が良い人は完全にギャンブル依存症に近い形になっていると思います。それは何も個別株やビットコインとかだけでは無く、場合によっては、VTIにだって当てはまります。特に投資額が大きい人はそれに比例し毎日の変動額が大きいはずです。


どなたかがツイートしていましたが、もはや月に一度の給料や半年に一度のボーナスなんて、この変動額に埋もれてしまいます。1日で簡単に月給吹っ飛びますからね。今後はさらに加速することが予想されます。その時が早期退職を決断する時かも知れません。


最近思うんですよね。「1年のリターンは同程度で、もっとボラティリティが低くなってほしいなあ。」って。いやむしろ、毎日少しでも良いのでプラスのリターンが嬉しい。ジェットコースターは必要ないです。しかし、大分慣れたのは良いことなのか…


来週が終わるといよいよ恐怖のレイバーデー(今年は9/6(月))です。レイバーデーが終わると、米国株式は低迷するんですよね。去年も10月まで酷い有様でした。27Kドルの含み益が一気に無くなりそうになるくらいの暴落です。実際は7Kの含み益はあったのですが、無くなってもいい!と思ったほどの落ち込みでしたね。


そしてまたその水準まで上昇したと思いきや、また暴落。その後は堅調に上昇していきましたが、もうあれから1年も経つのですね。今年はどの程度下落するのかある意味楽しみです。


この含み益のグラフは確定益も合わせていますが、去年の9月、10月の様子が分かると思いますので、参考に載せておきます。


ポートフォリオ的には万全ですし、余剰資金が少しあるので何か買いたいですが、今の状況的にはVTIしかないでしょうね。QQQやVGTは去年爆上げし過ぎたので、今年はS&P500と同程度のパフォーマンスしか期待していません。


ただ今はドル高・円安なのであまりドル転したくないのですが、調整相場であれば仕方ないと思っています。-10%下がるのかそれとも-15%までいくか…誰にも分かりません。


となると、段階的に指値を入れておいた方が良いですね。平均点でOK的な戦略です。杞憂に終わればそれはそれでラッキーだと思えば、このような相場でも少しは楽しめると思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました