ピークデジタルへの警戒 QQQとVGTについて

サーバー米国株投資

今日は、安心し切っていたQQQとVGTが思わしくない。うーん、悩む。という話。

スポンサーリンク

どうしたQQQとVGT!!!

ここ最近、QQQとVGTの調子が悪い。ほとんど資産が増えていない状態。新型コロナ需要で大きく伸ばした為、先食いと言われている。いわゆるピークデジタルと言うらしい。

少し前はS&P500に比べてすこぶる上昇スピードが早くてQQQをドルコスト平均法でちまちま乗っかっていたが、遅すぎた。

9/初には大きな金額を入れたが、見事高値掴み。また、VGTもこの頃に大きく買っており、はっきり言って飛び乗るのが遅すぎた。

そして、調子こいてレバレッジETFなんぞ買ったもんだから、目の上のたんこぶ状態。全部売っぱらって、VTIに移行したいが、もう少し様子見せざるを得ない。

GAFAMは次とその次の決算は良さそうだが、新型コロナの終焉とともに、業績が落ちるのは当たり前なので、前年同期比の成長率がマイナスが続くらしい。

でも、EPS、売上高、ガイダンスがコンセンサス予想に対しての判断ではないのか。。誰もが、新型コロナによる特需というのは理解していると思うが・・・ETFなので直撃されるわけではないが、かなり影響される。

いずれにしてもTECLはもう少ししたら降りよう。保有して1月まで。手数料込で含み益ゼロのレベルは、もはや高望みになっている(笑)

じっちゃまの言うことは全てではないが、道筋は正しい。自分で考えるよりは間違いなく正しい。でも、個別株はいずれは売却するので手数料や税金は仕方ない。でも、QQQやVGTなどのETFはよっぽどのことがない限り、ホールド。

現在、VTI : QQQ+VGT = 32.77% : 34.38% 。

QQQとVGTに追加投資はしないので、どんどんVTIの比率が高まってくるであろう。トータルのリターンは常にS&P500やQQQとで比較している。このポートフォリオがS&P500に追いつかれ、追い越されるようであれば、売却も検討していきたい。

「ピーク・デジタル」に注意を払うこと
新型コロナは我々の行動を変化させました。家にいる時間は増え、デジタル消費は極めて好調でした。しかし、このデジタル消費は新型コロナワクチンが完成すると状況は変わるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました