本物のお金持ちと節約・貧乏生活する人々。

メガホーンお金のはなし

マレーシアは預金保護限度額が250,000リンギット(6,975,000円)なのでそろそろ到達しそうということで、CIMB銀行のPreferred口座を開設して貰いました。普通口座もそのまま併用出来るということでひとまず安心。


そして本日、3ヶ月定期預金が満期になったので、一度自動継続されたものを解約してPreferred口座に移行しました。普通口座かどちらかかの選択するところがあったので、せっかくだからと、Preferred口座にしたのが悪夢の始まり。


3/31までの金利アップのキャンペーンでそのPreferredを選べないのです。。。10分程度色々試しましたが、無理そうなのでCIMB銀行に行くことに。。結局、普通口座とPreferred口座をリンクさせる必要があり、稼働4日間必要とのこと。。


ざっくり324円の損失です。そして帰りのスーパーマーケットでお釣りが5リンギット(137円)足りないことにあとで気が付き、散々な1日でした。T です。


スポンサーリンク

本物のお金持ち

先日、レベチな人という番組で本物のお金持ちの人がテレビに出ていました。麻布に住んでいて会社経営しているご家庭です。近くの有名中華屋さんから出前していてラーメン1杯2,100円とか、、あり得ないですが、一度食べてみたいです。


一方、ノブナカなんなん?という番組では2組の節約している人が紹介されていました。1組目は青森県お住まいで電気ガス水道を契約していない節約家族。収入は正確には分かりませんが、節約というより収入が少ない分、工夫しながら支出を最大限まで減らしているという感じですね。自給自足を楽しんで生活しているということなんでしょうね。


2組目はピアニストの人で中目黒の家賃25,000円で生活費が4万円。収入が10万円程度ということです。調律の学校に通っているとのことです。節約生活というよりは貧乏生活ですね。当然風呂無し物件なのですが、身体をタオルで拭いているそうです。若い女性なのに…。


そう考えると私の場合、節約生活はしているものの、生活レベルは高いですね。コンドミニアムに住めるしWiFiも問題ないしNetflixも日本のテレビも観れるし電気ガス水道も完備。裏契約で全部会社持ちにしているので一切お金は掛からないだけなんですよね。


節約生活はあくまで会社を辞めた後に生活出来るようにする為です。日本にいたら収入も今より当然少ないし、節約生活は出来なかったでしょうね。なので、東南アジアでの駐在員生活は究極的に収入を増やして支出を減らすことなんです。


お金持ちの家庭で育った訳でもなく、ごく普通のサラリーマン。これまで頑張らなかった分、今頑張って節約生活をし、少しでもお金持ちに近づきたいと思っています。会社を辞めた時、第二の人生が始まります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました