焦った投資戦略は痛い目に遭う

拡声器米国株投資

禁酒してから今日で50日目です。小学生並みの8時間連続睡眠。まだ呑みたい気持ちは全然ありますね。とりあえず90日間禁酒まで頑張ろうと思っています。Tです。


スポンサーリンク

投資目的と投資戦略

何故、株式投資をしたのか改めて考えてみましたが、元々は住宅ローンを完済したのがきっかけです。海外赴任中なので給料が約1.3-1.5倍あります。しかも、裏技で水道光熱費、インターネット、日本のテレビなど食事代以外はお金を使う必要がありません。


また屋台での食事に何の抵抗もありません。いや、むしろコスパ最高!というタイプです。そうなるとお金がどんどん貯まっていきます。そのお金を金利が0.001%の日本の銀行に預けるのももったいない。という流れで米国株式投資です。


単純に「お金が欲しい」という身も蓋もないですが、誰もが共感出来る目的だと思います。あとは老後に困らない生活が出来るように→60歳以降は働きたくない→あと3年後にFIREしたいという風に徐々に投資目的が変化しています。


これは資産が急激に拡大しているのが影響しているのは言うまでもありません。2018年3月には住宅ローンの繰り上げ返済をしたので、貯金がわずか250万円になりました。そこから約3年半で5,500万円になるとは凄まじい勢いです。


これ以外にも退職金などもありますので、目標を1億円としています。7,8千万円をVTIに投資して残りは現金でリスクヘッジする戦略です。


本当は今すぐにでも会社なんて辞めたいのですが、まだ心の整理が出来ていません。いざ会社を辞めるとなると不安な気持ちが大きいですからね。なので慌てずに3年という猶予期間を設けています。しかもこの3年という期間は現在までの(投資抜きの)資産の増加率から考えても無理な目標では無いです。


個別株やレバレッジETFなどをすることは投資目的から考えるとする必要はありません。いや、逆にそのようなリスクが大きい投資をしないような投資期間としています。否定はしていません。実際に去年はレバレッジETFや個別株に投資しています。


実際に変化して来た投資目的を達成する為には、このようなリスクが高いものを除外する必要があると判断しただけです。なので、投資目的が一攫千金してさっさとFIREしたいということであれば、全資産をSPXLや個別株で放置という戦略だって肯定されるべきものです。


でも、世の中そんなにうまい話はあるのでしょうか?先日、YouTubeで投資詐欺についてのドキュメンタリーを観ました。200年前からそのような投資詐欺はあるそうです。個別株やレバレッジETFは勿論、投資詐欺ではありませんが、(個人的には)それに近いものとして捉えるべきと思っていますし、初心者の方は近寄らない方が身のためです。


うまい話にはがあります。どちらも出口戦略が無いと「損して終わり」ですので、いつまで経っても自分の目的に達成出来ません。パチスロに夢中になっていた時も開店直後が勝負で、良い台がなければ30分で退店していました。


なるべく負けないことが勝ちに繋がるということはパチスロも株式投資も同じですね。勿論、インデックス投資にもリスクはあります。ミドルリスク・ミドルリターンです。最悪、大暴落が来た場合、投資目的であるFIREは達成出来ませんが、それを受け入れることも投資戦略を決める時の重要なポイントだと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました