久しぶりの新規銘柄購入決定!

FAX米国株投資

休日は少し糖質制限を解除するというルールを設定しました。金勘定か食べることしか楽しみが無いので仕方ありません。近くにラーメン屋があるので週一で食べようと思います。


しかしすっかり一人で過ごす休日にも慣れてしまっている感はありますね。特に寂しさは無いんですよね。インドネシアの会社は日本人が結構いるので色々話せるのがポイント。Tです。


スポンサーリンク

SPXL

分配金サイクル2回ほどで1,900ドルあります。2月末にかなり儲けたICLNや個別株は全て売却。そこからVTIを買い増し。フルインベストメントしようかと悩みましたが、年齢や最終目標、取り巻く環境を考慮して追加投資は6/1を最後にストップしました。


あと1千万円は投資出来るんですけどね。。調子に乗ると奈落の底に突き落とされますし。VTIを除くと9ヶ月も投資していません。ということで分配金を使わないと複利の効果が激減してしまうので久しぶりに購入することにしました。


投資する前にキチンとルールを決めておく必要があります。投資をする前にそれが重要と知っていましたが、実際に理解出来てなかったんですよね。


高配当ETFをコロナショックの大底1日前に運良く買えたのですが、今となってはマイポートフォリオの足を引っ張っているんです。銘柄自体は儲かっていますが、VTIと比較すると…それって今となっては当たり前のことなんですが、当時はキチンと理解していなかったんです。


さっさと売ってもいいのですが、今後の人生戦略を考えると今は保有していくことにしました。ということで投資戦略をキチンと決めていきたいと思います。


銘柄 SPXL
投資目的 投機(暇つぶし)
出口戦略 1月末付近(マイナスなら長期に切り替え可)

有名なS&P500ブル3倍ETFです。買付手数料は税金込み0.49%、経費率は1.01%なので長期保有は向かないですね。枠としては投機(ギャンブル)です。


チャートを見るともう登りきっているように見えますね。RSIも70%を超えているので、多少もたつくと思いますが、大した金額では無いのでまさにギャンブルとして遊びます。


最終目標は若干でもプラスなら大成功です。ある程度プラスになったら逆指値を入れる予定です。


SPXLを選んだ理由

そもそも市場平均であるS&P500は安心して長期保有出来ます。勿論、リスクはあります。投資ですから当たり前ですね。その安心出来るS&P500にレバレッジ3倍を掛けるSPXLはブル相場には威力を発揮出来ます。


そこでアノマリーです。11月から1月までは1年の中で1番リターンが取れるブル相場です。アノマリーなんて外れるというのは間違った考えです。そもそも過去を振り返ると明確な理由は分からないが、そのような傾向があるということです。単なる傾向です。


そこに賭けても楽しいですよね。負けたら勿論楽しくは無いんですけど。ということで、今日インすることを決定しています。面倒なので成り行きです。


TECLやSOXLも考えましたが、SPXLよりボラティリティが激しいので握力低下します。ということで久しぶりの投資(投機)ですので、ワクワクしています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました